事前「弱点」申告~心理術~


弱みをオープンにするメリット

あなたは、弱点を人に話せますか?

「ネタとして持っているのはあるけど、本当の葉言ったらシャレにならない」「知られてその弱点を突かれたら困る」「知られたら自分の立場が弱くなる」といった具合で普通は話さない人が殆どでしょう。

しかし、ある日人から知らなかった相手の弱点を教えられたとしたら
「しめしめ、いい事を教えてくれた」とそこを突いてくるでしょうか?

突いていく、と迷わず答える人は置いといて相手に弱点を伝えられたことで
「弱いとこを突くのは卑怯だ、そんなことはできない」
という心理が働いて相手の弱点を回避するようになます。

結果的に相手の弱点はまもられるというわけです。

人の心を動かす弱点の自己申告

「恥ずかしい話だけど、野球全然わからないんだ」という相手には、野球の話題はなるべく避けましょう。
「会社が危ない感じで・・・」という相手には借金等の話はあきらめざるを得ません。

  • 会話を停滞させたり気まずい空気になることを避け、相手との時間を気持ちよく過ごしたいときには、先に自分の弱点を知らせて
    「こういう状況ですからわかってください」と伝えておくのも、有効な手段のひとつ

内面的名部分に関しても
「努力はしてるんだけど要領が悪くて・・・」
「優柔不断で迷ってばかりですいません」

と言われると、たとえ「本当コイツ要領悪い」と思ってる人に対しても、自分でわかってるなら仕方ないかと大目に見ようとする気持ちが働きます。

ただし、弱点を乗り越えようと努める気配がないと当然のことながら相手の理解は得られなくなりますので注意しましょう。

「ダメな私」を見せる

弱点はまた、チャットレディにおいて意外な働きを見せることがあります。
本人が思う以上に相手の心をつかむことがあるのです。

頼りがいがありそうな女性が「この間バイトでミスしちゃって・・・」
とこぼした愚痴にお客様は普段とのギャップに驚くと同時に
「オレだけに本音をこぼしてくれた」と感激します。

相談してきたんだから支えてあげたい」と自分の必要性を強く意識します。

相手が心を許ししかも精神的に頼りにしてくれてるといいう事実がお客様のプライドを
大いに満足させるのです。
ふたりの結びつきがここでぐぐっとつよまるのは火を見るより明らかでしょう。

ここで注意したいのが表に見せない気弱さだからこそ効果的だということなので
気弱すぎたら愛想をつかされるので気をつけましょう。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム