この人ならいいかも、、と思わせる自分の見せ方!!


チャットレディのお仕事をされてる皆様、どう会話すればお客さんに気に入ってもらえるんだろう。
どうすれば次もお話しに来てくれるんだろう。
悩んだ時期は数多くあると思います。

今回は会話の部分で、お客さんに気に入ってもらえるポイントをいくつかご紹介したいと思います。

会話では、「いいでしょ」「すごいだろ」よりも「バカだね・・・」くらいがちょうど良いんです。
愛されるキャラをアピールするには、自慢したい「自分」を少し引っ込める勇気が必要です。

自分を「偉い」「すごい」と思わせるより、「バカだね」と思わせるのがコツ

目の前にいる人は、自分にはちょっとムリかな・・・と思ってるお客さん。

こういう状況下では、大抵のお客さんは「どうせ、俺なんて」と思うか、逆にちょっと大きく見せようと無理をします。無理をするという事は、でっち上げた話をする、もしくは自慢の方向に進みます。

力がない人ほど、自分を自慢したがる

自慢には大きく分けて4つのパターンがあります。
・順位自慢(学生時代は、これでも学年1番だったんだぜ~)
・手柄自慢(あのプロジェクトは、ほとんど俺がお膳立てしてやったんだぜ~)
・能力自慢(そんなの俺だったら半日で片付けちまうよ)
・家族自慢(うちは代々続いた名家なのよ)

  • 「自慢」のすべてが嫌われもの~というわけではありません。

中には、笑って許せるもの、そういう「自慢」をする人にかえって好感を抱いてしまうような事もあります。

おバカ自慢はウケが良い!?

最近テレビでウケているキャラの一つに「おバカキャラ」というものがあります。
なぜ「おバカキャラ」がウケるのか??

それは「こんなおバカもいるんだ」、「自分はこの人達よりはマシだな」と安心出来るからです。
しかし、これはテレビの世界だからウケる「おバカキャラ」であって、恋愛やチャットのお仕事の世界でそんな「おバカキャラ」を披露してしまうと、まともに相手をしてもらえなくなります。

少なくとも、チャットするお客さんからは「パス」されてしまいます。
現実世界に実害をもたらすと思われるからです。

それでも私達は「こんなに偉い」という人よりは、「私っておバカだよね」という人の方が好むのです。
ここで言う「おバカ」はテレビで見せる「おバカ」とは、ちょっと違っています。


(女)私って止められない女なの
(男)えっ!?暴走しちゃうの??
(女)違うの。スナックとか食べ始めたら、止められなくなっちゃって。このないだなんて、干し芋食べ過ぎて、もう救急車呼ぼうかなって思ったくらい。
(男)ばっかじゃないのー。
(女)止めてくれる人が必要なんだよね。
(男)俺でよければ、いつでも止めてあげるけど。

こちらの例も「おバカ自慢」なのですが、この「おバカ」は「頭が悪い」「ものを知らない」というおバカではありません。
むしろ、人間性に関する「おバカ」です。
そういう人をを見ると「自分がなんとかしてあげなくちゃ」という気になります。

  • 同じ自慢をするなら、自分のランキングや手柄・能力や家族を自慢するよりも、こういう「愚かさ」を自慢しましょう

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム