男性を「優位」にする効果♪


女性は「負ける」が勝ち♪

一般的に男性は、自分が選んだ優秀な女性は守りたい、と思っています。
そして男性は、女性より「ちょっとだけ、優位に立ちたい」。
このように思う生き物です。

これが、男性があまりにも優位に立ちすぎてしまうことがあります。
男性的には「俺ほどの男が、この程度の女性にはまっていけない」となります。

女性が優位に立たせてくれなくて自分の立場が守れない。
こうなると、不機嫌になることが多くなります。
さらに男性が優位に立てずにいると、別な女性に走ったりします。
ハート亀裂

男性にいつまでも大切にされるために、日々女性がやらなくてはいけないことがあります。
それは「男性に惜しいところでちょっとだけ負ける演出」です

女性と男性は別ものです。
女性が男性と張り合うのはとても無駄なことです。

男性は、女性が自分のことを立ててくれている、優位に立たせてくれる。
そう思うだけで、好き嫌いも飛び越えます。
それどころか、自分の疲れそっちのけで、女性のためにものすごく頑張ってくれます。

仕事でも、金銭面でも、優位に立っている状態を変えたくないのです。
だから、一生懸命動いてくれるのです。

男性がそうやってがんばってくれる方向にもっていくようにしましょう
自分の味方につけるのが、私たち女性の役目なのです
YUKA863_ok15185909-thumb-815xauto-18589
では、どうすれば、惜しいところでちょっと負けられるか?
会話例を挙げてみましょう。

男性。
「最近、ジムに行き始めたんだ。鍛えることと健康管理もしたいからね」。
「会社での印象も良くなるんだよね」。

女性。
「えー!すごい~。かなり体に気を遣ってるんだ」「筋肉はかなりついた?」
と聞きます。

男性。
「腹筋も割れてきたね。君は体にいいこと何かしてるの?」
などと質問してきます。

このような会話が出て、あなたが健康管理に長けていたとします。
「私もジム通いしたことあるけど、3日坊主...続けるのってすごい忍耐力だよね」。
こう答えればいいのです。

自分よりちょっと劣るけど、健康に興味がある。
そんな女性と話すほうが、男性の自尊心はくすぐられます

n112_warudakumiwosurukinyuu_tp_v
仕事についても一緒です。
仕事の辛さや収入...。
仕事のつらさは、男性も女性も同じです。

収入も、もしかしたらあなたの方が上かもしれません。
でも、それを男性と競うような方向に会話を持っていく必要はありません。

どんなに、あなたが様々な情報を得ていたとします。
男性の方からうんちくを語ってくることもあるでしょう。
その話題を既に知っていたとしても、うっすら知っているフリをしてもいいと思います。
YUKA20160818230216_TP_V

「よくわからないけれども、それは○○だって、本当?」
こう質問したなら、男性も得意気に話してくれるはずです。
女性は「能ある鷹は爪隠す」の精神で、男性と向き合いましょう。

男性の優越感をくすぐる
「こいつわかってる!」感を演出できるチャットレディを目指しましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム