「優雅」こそ女性の「気品」♪


「がさつ」と「気品」の分かれ道!

あなたは気品ある女性になりたいですか
もし、なりたいのなら、それは「動作に二倍の時間をかける」。
これだけです。

すでにゆっくりした動作を身に付けている人は、さらに倍の時間をかける必要はありません。
とにかく、一つ一つの動作を味わうように、ゆっくり動くことが大切です。

食事のとき、どのくらいの速さで箸を動かしてますか?
うなずいたり、首を横に振ったりするとき、どんな速さでしてますか?
話す速さはどうですか?

そのすべてに、試しに倍の時間をかけてみてください。
自分が皇室の一員になったとイメージしましょう。
「ゆっくり動くだけで、こんなに違うの?」と驚くくらい、優雅な動きになるはずです

現代人には、とかく急ぎたがります。
確かに、必要に応じて迅速な行動ができることは必要です。
でも、一つ一つの行動が味わえないようになると、品も色気もありません

一口ずつ味わいながらじっくり食事する姿と時間に追われてかき込むように食べる姿の違いです。
人に見られているとしたら、どちらの姿がいいですか?

しかし、働いてる人なら、周囲のペースに合わせて動かなければなりません。
「私は、優雅な女なの」と一人だけ昼休みを二時間も取ることは許されません。
だからといって「がさつになるしかない」と言い訳ばかりではもったいないことです。

ゆったりと品のある動作ができる人は、たとえ急いでいても、その中に違いがでます。
電車に飛び乗ったとしても、シートに腰掛けた途端に優雅な空気に包まれます。
「あ?暑い暑い」と言いながら、雑誌で顔を扇ぐようなことはしません。

いつもがさつな動作をしている人は時間に余裕があっても、ゆったりした動作はできません。
単に、「だらだらと時間を過ごす」だけになってしまいます。
普段の生活習慣が、どこかに必ず顔を出すものです。

まずは、食事とメイクから直してみましょう
箸を動かすとき、お椀を口元に運ぶとき、口紅を塗るとき、二倍の時間をかけましょう。

メイクのときについ慌しい動作をしてしまったら....。
「あっ、今、食事をガツガツとかき込む姿を見られているんだ」と思いましょう。

やがてゆったりした動作が体になじんでくるはずです。
その姿が男性には「気品のある女性だ」と評価され、大事にされるようになります

気品」という言葉は穏やかイメージがあります。
がさつ」という言葉は繊細さに欠けるイメージでだらしないとも取れます。

突然「優雅」な振る舞いも不自然に見えるかも知れません。
徐々にでも、女性としての「気品」を身に付けていきましょう。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム