「ユーモア」のセンスを磨こう♪


自分を笑える人は、心に余裕がある♪

笑いには二種類あります。
ひとつめは、女性がツイッターなどに投稿するような笑える失敗談。
恥ずかしい話やかっこ悪い話。

しかし、ほとんどの女性は人前で特に男性の前では、そういう話をしたがりません。
女性特有の気取りのせいでしょうか。

あるいは、女性は恥ずかしい話をしてはいけないという教育のせいでしょう。
ツイッターに投稿する分には、どこの誰だかわからないので、平気なのですが...。
PAK52_hyottokoomengirl_TP_V4

けれども人前でそういう話をしてもかまわないのです
そういう話とは、自分を笑ってしまうような話です
自分の失敗は笑えます

そのとき笑うどころではないのですが、後になると滑稽に思えてきます。
自分を笑える人は、人から親近感を持たれます
反対に自分をかっこよく見せようとする人は、反発されます。

自分を笑える人は、心に余裕がある人です
自分を客観的に見ることができる人です

女性同士で冗談を話をしているとき。
男性が加わると急にやめてしまうことも多いものです。
男性に恥ずかしい自分を見せたくないという心理が働くからです。

では、男性たちはどう思っているのでしょう。
大半の男性は、女性にユーモアのセンスが欠けていると思っています
もちろん、生まれつきそういうセンスのない女性もいます。

しかし、そんな人はごく少数なのです。
多くの女性は本当は、笑うのが好きです。
だから、気軽にツイッターに投稿するのでしょう。
IMARI20160807101319_TP_V

男性たちはもっと女性に笑わせてもらいたいのです
なんで冗談のひとつもいえないのだろうと、心の中でつまらなく思っています
けれども女性に嫌われたくないので、それを絶対に口にしません。

もうひとつの笑いは、いわゆるギャグに近いものです
たとえば、若いカップルが街を歩いていたとします。
ふたりの距離もつかず離れず、触れるか触れないかという微妙な感じというところ。

女の子が「ねえ、腕組んでいい?」といったとします。
男性はどう思うでしょう?
すごく嬉しくて、もちろん「いいよ」というでしょう。

そこでおもむろに女性が自分の腕を胸の前で組んだなら...。
男性は、最初はビックリするでしょう。
ですが、これをきっかけに少し打ち解けられるに違いありません

別に、彼女はお笑い芸人を目指しているわけではありません。
ただユーモアのセンスがあるだけ、それだけのことです
そのセンスを養うのには、自分を笑う習慣を身につけることなのです

IMARIB20160807111116_TP_V
女性はこうでなくてはいけないという時代も希薄になりました。
逆に今のほうが体当たりで笑いを提供する女性芸人がたくさん出てきました。
あそこまでとも言わないまでも、ユーモアのある女性が人気があるのは確かです。

チャットレディさんは、時には会話の中にユーモアを織り交ぜてみましょう。
親しみやすさをアピールすることでお客様も増えていくでしょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム