「余裕」からマナーが生まれる♪


相手の気持ちに敏感になる=マナー上手♪

ひと口にマナーといっても、様々な種類があります。
年上に対するマナー。
親兄弟から、学校の先生、彼の両親、街で出会ったお年寄りなどに対するもの。

また、先輩や上司に対するマナー。
仕事の上での上下関係に必要な礼儀です。
あるいは、チャットレディのお仕事では会員様に対するマナー。

初対面の人に対するマナーも当然必要であり、重要なことです
マナーは、相手に対する尊敬の気持ちとはやや違います。
尊敬が含まれる場合ももちろんありますが、尊敬が含まれなくても礼儀は成り立ちます。

尊敬できない人に対しても、マナーは守らなくてはいけません
ここのところを勘違いしてる人が意外に多いものです。
礼儀作法はまず形から入るものです

これに対しても、心のこもっていないマナーは意味がないという人もいるでしょう。
けれども、実際誰に向けても心を込めるのは難しいものです。
なので、形がきちんと守られることが重要です。

「おはようございます」と挨拶する度に、尊敬や心を込めていたら精神的に疲れてしまいます。
マナーに深い意味を求めても、それこそあまり意味がありません。

マナーというのは、人間同士が出し合う信号です
信号があるおかげで、車同士が円滑に動けるます。
それと同じで、マナーがあるからこそ人間関係がスムーズにいくのです

マナーに個人的感情を入れること自体、すでにおかしいのです。
嫌いな相手だから挨拶しない。

そんなふうに考える人は、マナーと感情を混同しています。
心を込めないほうがいいという意味が、これで納得できると思います。

マナーについてもうひとつ重要なことがあります。
マナーとは考えるほど難しいものではなく、常識があれば誰にでもできるということです
特別なケースで、マニュアルに従う必要がありますが、日常のマナーはそうではありません

pp_akashingou_TP_V

人が並んでいるのに割り込まない、というのは常識です。
また、車を運転していて、向こうからくる車が障害物の手前で止まって道を譲ってくれる。
こんな場合も、譲られたほうが、会釈などするというのは常識です。

もちろん、全ての人がこの行為に感謝の気持ちを表わすとは限りません。
当然のようにすれ違っていくドライバーもたくさんいます。

そういう人たちになぜ常識がないかというと、余裕がないからです
余裕がないと相手が自分にしてくれたことにさえ、気づきません

譲った人も急いでいたかもしれません。
でも、あえて車を止めたのです。
本当は急いでいても、余裕があるから自分の車を止めることができるのです

こんなふうに、余裕からマナーが生まれます
精神的に余裕のある人には、物事がよく見えます
ですから、マナーが身についてる人は、人間関係上手でもあるのです

余裕があるないは自分自身の問題です。
親しい人には「あのときは、挨拶できなくてごめんね」と伝えることができます。
それを伝える機会の少ない大事な相手だったなら、あなたの印象はどう残るでしょう。

新しい出会いが生まれるこの季節。
最初の印象が人生を左右するといっても過言ではありません。

見た目も大切ですが、常識を守れる女性という印象も与えたいものです
そして、それ以上の印象もチャットレディさんには必要なことがあります。

↓こちらの内容を、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
初対面の挨拶で心を掴む

SSK_sakihajimetasakura_TP_V


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム