「柔らかい表情」は呼吸から♪


表情が固まっていませんか?

「話しかけやすい人」と「話しかけにくい人」とがいます。
話しかけにくい人は、表情が固まっています
普通は、黙っている時でも、表情は常に動いています。

話している時でも、表情が固まっている人がいます
質問する時も無表情です。
緊張がそうさせてしまうのです

そういうときは、大体息が止まっています。
息をとめて何かをすると、相手にそのこわばりが伝わります
相手も息がとまって苦しいのです。

緊張すると、息をするのを忘れているものです。
集中した時は深い息をしています。
間違った集中は息をとめています。

「緊張した集中」と「リラックスした集中」とがあるのです。
リラックス集中は、深い息をしています
そういう人は必ず表情があります

緊張して、固まった表情は最もつまらないのです
こういう人には「話しかけよう」という気が起こらなくなります
質問された時も、「この質問の意図は何?」と答える側はためらうのです。

本当に聞きたい質問ではないから、表情が固まるのです。
本当に「面白い」と思うと、表情が出てきます

yuka0i9a1561_9_tp_v
カッコつけた時の顔は無表情です。
写真を撮られる時も、カッコよく写ろうとすると、表情が固まります。

カッコよくなくていいのです。
会話をしていると、両者は同じ表情になります。

セクシーな会話ができる人は、常に表情が変わります
聞き手の表情になるのです。
「今日はこういうノリなんだな」という空気に早くノッていくのです

姿勢をよくして、呼吸を深くするのがポイントです
呼吸を深くすれば、同じ「こんにちは」でも、相手に何かが伝わります
そのためには姿勢をよくすることが大切です。

悪い姿勢では、肺活量が小さくなります。
姿勢が悪くなると、気道を曲げて狭めてしまうので、1回に入る呼吸気量が少なくなるのです。
浅い呼吸をしている人は、セクシーな話し方になりません。

呼吸をする時は、空気をお腹までではなく、お尻まで入れるイメージです。
お尻のストレッチをすることで、呼吸がおなかを通り越して、背中の後ろまで行きます。
そうすることで、1回の吐く量が多くなるのです。
m020421

ボイストレーニングは、決して歌だけのことではありません
日常の会話でも大きく変わります

会話は、声だけではなく、呼吸の問題なのです。
姿勢がよいことは、すべてにおいてプラスになります。

会話は、言葉でするダンスです
一緒に踊っている人と、いかに楽しむかです
呼吸を合わせて、いかにハーモニーをつくっていくかが大切なのです
onpu

初めてチャットレディをする方は、緊張で声が出ないかもしれません。
表情もなかなか出せないかもしれません。
お試しで、呼吸を深くして、表情を柔らかくしてみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム