「優しさを求める」前に与えよう♪


優しい男性、優しい女性...男女の感じ方の違い♪

相手のどこに「優しさ」を感じますか?
ひと口に「優しさ」といっても、この中にはいくつもの優しさが含まれています。

①顔や雰囲気が上品で美しい。
②他人に対して思いやりがあり、情が細やかである。

③性格が素直で、よく人のいうことを聞く。
④態度が控えめで、つつましやかである。

ざっと考えても、これだけあります。
ほとんどの男性は、この四つの優しさをよろこびます。

顔が美しく、情が細やかで、自分のいうことをよく聞き、出しゃばらない...。
そんな女性がこの世にいたら、男性たちが殺到するでしょう。

IMARI20160806165917_TP_V

では、なぜそういう女性がいないのでしょうか?
それは、「古典的なお嬢様、奥様」の優しさです。
現代女性となると、このうちの一つか二つしかもっていないからです。

優しさといっても、それには二通りあります。
私たちは「優しさを求める」ことだけに熱中してしまいます
そして、「自分自身に備える優しさ」を忘れてしまいます

男性にしても、自分のことを棚に上げて、女性にだけ優しさを求めるのは不平等です。
同じように女性も、男性に対し「私に優しくしてね」と頼みながら、自分はきつく横柄。
だとすれば、これも男性から文句が出るでしょう。

特に男性は「男は度胸、女は愛嬌」といって、優しさなどなくても問題ない。
という時代がありました。

ところが、ここにきて急に「優しくなければ男でない」となってきたため、とまどい気味です。
なので、女性の中には、男性の態度に不満をもっている人が大勢いることでしょう。

この優しさは、日本の男性は遅れ気味で、欧米人にでも学ばなければ追いつきません。
しかし、とりあえずでも、優しさを示すとする場合。

①「愛してる」「好きだ」という気持ちを、言葉で表す
誕生日などの記念日にはプレゼントを忘れない
荷物をもつなど、肉体的サービスは必ず実行する

この三点を守るだけで、突然のように女性は優しくなるはずです。
好意や愛情を示すことで、相手もお返ししてくれるのです。
女性も男性の優しさを引き出す場合。

少なくとも文句をいったり、感情的な言葉を口に出したりしない
笑顔を欠かさない
気働きをきかせる

この三点を実行すれば、男性は「古典的な優しさ」を求めることはなくなります。
どちらも「あなたが大切」「きみが必要」という気持ちを、はっきり表面に出す
それで、食い違いはなくなるのです。

IMARI20160806220208_TP_V

男性はこうであるべき。
女性はこうであるべき。
という、時代ではなくなっているのかもしれません。

「こういう女性が少なくなったなぁ」と思える時代こそ、古典的女性を演じてみる。
それも、チャットレディとしての腕の見せ所ではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム