「忘れがち」な大切な気持ち。


「ありがとう」の魔法♪

「ありがとう」という感謝の言葉、まっすぐに相手の目を見て素直に言えますか?
たった一言ですが、言うのが苦手な人が多いようです。

でも「ありがとう」は誰にとっても「最高のプレゼント」。
少々オーバーかなと思うくらいの表現で伝えましょう。

心から感謝しています」「これ以上嬉しいことはありません」。
これらの事をサラリと言えるようにしておきたいものです。

「オーバーなのは照れくさい」という人はまず「~してくださってありがとう!」
相手がしてくれた事実に対し、具体的に感謝することから始めましょう

見逃しがちな小さな事実に改めて「ありがとう」を伝える。
また、マンネリ化しやすい人間関係のエッセンスになります。

会員様に「いつもお声をかけてくださってありがとうございます」。
友人に「いつも話を聞いてくれてありがとう」。
そう改めて言ってみると、お互いに新鮮な気持ちになるはずです

また、感謝の言葉は「すみません」というネガティブな表現ではないけません。
あなたのお陰です」とストレートな表現を心がけましょう。

反対に、「ありがとう」と言われた場合。
「いえいえ」という受け止め方ではなく「こんなことでよければいつでも」。

このように、前向きで明るい受け方をしましょう。
ちょこスタッフも、チャットレディさんに「感謝」の言葉掛けを心がけていきたいと思います。
58b7a3d166cd1497f93cbef368aa99b2

名前を呼ぶと、何倍も心に響く♪

褒めることと同様に、名前を呼ぶことも相手に親近感を抱かせます。
テクニックとしては褒めるよりも簡単なので使わない手はありません。
名前は主語として必要なところではなく、一見不必要なところで呼ぶと効果的です。

たとえば、声をかけてくれた相手に対しての言葉。
「こんにちは、今日はよろしくお願いします」だけで済ませないことです。
「○○さん、こんにちは、よろしくお願いします」と言ってみましょう。

再度声をかけてくださった会員様に対しての言葉。
あ、○○さん。今日もありがとうございます」と名前を口にする

不思議なことですが、たったそれだけで相手は嬉しい気持ちになるのです。
それは、名前を呼ぶことで、決まり文句の流れ作業的な挨拶にはならないからです。
あなたを大事に思っています」という気持ちが伝わるのです

実際、日常の中で、意外な人に名前で呼ばれると嬉しい思いをしたことはないですか?
この「名前を呼ぶ」行為は感謝などを伝えるときに、さらに効力を発揮します

saya160104274702_TP_V

たとえば「○○さん。わたし、本当に感謝しています」と言った場合。
ただ「本当に感謝しています」と言われるより心に響きます。
名前を呼ぶ」というテクニックをぜひ、チャットレディさんは活用してみてください。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム