「悪い」を「良い」に受け取る方法♪


嫌なことの受け取り方♪

接客業をしていると、男性の残念な部分をみることがあります。
きつい、細かい、つまらない、空気が読めない、自己中心、軽い...etc。
あげればキリがありません。

では、ここで少し考えてみて下さい。
ひとつは一品100円の居酒屋が2店あります。

ひとつは100円だからしょうがないよねという気持ちで料理をつくる店主の店。
もうひとつは、これ食べてくれよ、100円でもこれだけ料理ができるんだよ!
と自信に満ち溢れている店主がやっている店。

あなたはどちらに行きたいですか?
きっと後者を選ぶと思います。
どんな接客業も同じです。

相手のことを「嫌だなぁ」という気持ちを隠して接客する女性。
恋愛対称外であっても「ひとりの人として興味を持って」楽しんで接客する女性
この比較でも、お客様からのウケ、人気度に、天地の差がついてしまうものです。

どんなお客様に対しても「ひとりの人して興味を持って」接客できる女性。
そんな女性はみんな「受け取り上手」です。

N811_hartwotukurujyosei-thumb-autox1000-14746

ここでいう受け取り上手とは、陽転思考を持っていて、ネガティブな一面を他の角度から見る。
このことによって自分が納得できるポジティブな要因転換させることができるということです。
男性の嫌な部分」を「受け取り上手」な人はどうポジティブに転換するのでしょうか。

きつい=頼もしくて、厳しい愛情を人に与えることができる人。
細かい=几帳面で、きちんとした生活を送っている人。
つまらない=真面目でまっすぐな人。

自己中心的=積極的で、リーダーになる可能性が高い人。
空気が読めない=天然で、想定外におもしろいことをいってくれる人。
軽い=ノリがよく、グループでワイワイ盛る上がれる人。

うるさい=テンションが高く、空気を明るくしてくれる人。
わがまま=自信に満ち溢れ、自己主張ができる人。
エロイ=英雄色を好み、精神力で、趣味や仕事に打ち込むエネルギーがある人。

このように陽転することができたら、その陽の部分を中心に話を展開していくのです。
きっとその人の良いところが見えると思います。

ものごとには良い部分悪い部分の2面性があります。
どんなことも見方によっては陽に見えたり、陰に見えたりしてしまうのです。
NIS85_rightup20131225001-thumb-1000xauto-17502

お客様に当てはめて考えると同時に、自分自身に当てはめて考えてみるのはいかがでしょうか。
自分が気づかなかった、魅力の欠落部分を発見できるかもしれません。
社会の中でも、人間関係に大いに役立つと思います♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム