「別れ.出会い」で磨きがかかる♪


別れを予感させる決定打

デートの回数も減ったし、話していても時々ウワの空。
電話をかけてもなんだか面倒臭そうな言い回し...。
恋愛はいつも二人の気持ちが同じ盛り上がりというわけにはいきません。

どちらがヒートアップすれば、どちらかがトーンダウンします。
やがて悲しい別れがくることもあるでしょう。

高級クラブでは気持ちが冷めてしまった男性がよく使う言葉を絞っています。
それを「三大断り用語」と名づけているようです。

ホステスが、この三つのうちどれかをお客様から言われる。
それは、もうそのお客様の気持ちはその子から離れているのです。
その三つとは、「忙しい」「お金がない」「体調が悪い」

「忙しい」の本音は「キミと会うほど暇じゃない」
「お金がない」の本音は「キミの店に行くほど金がはない」
「体調が悪い」の本音は「キミのところへ行くほど元気はない」

PAK86_youtubemiteruo20141221140217_TP_V
こういう解釈をします。
あくまでも高級クラブでは、です。
ですがチャットレディのお仕事にも役立つ事例だと思います。

一般の方にも当てはまるところがあるのではないでしょうか。
「どうしてデートに誘ってくれないの?」
「いやあ、最近、忙しくてさ」(友達と会う時間はあるのに....)

「最近よさそうな新しいレストランができたの。行ってみない?」
「ゴメン、今、お金がなくて」(お給料、出たばかりなのに....)

「夏休み、一緒に海外に行かない?安いツアーも見つけたの」
「悪い、ここんところなんか体調悪くてさ。今年はやめておくよ」
(何故かすでに日焼けで真っ黒なのに...)

思い当たる方はいますか?
「最近、彼からこんな言葉を言われたような...」。
こう思ったなら危険信号かもしれません。

IMARIC20160805210023_TP_V
こんな時は、追いかけ回さないほうがいいのです。
男性を問い詰めて結論を急がせるより、とりあえず冷却期間を持ちましょう

なので、しばらく放っておきましょう。
お互いを考える時間を作る必要があるからです。

大好きな彼が、離れていくときはつらいものです。
時間の流れとともに、人は移ろい、変化していくものです

フラれてしまうこと。
そんな悲しい変化も、勇気をもって受け止めなければならない時もあるでしょう。
いったん心変わりした男性を追いかけるのは無駄です。

追えば追うほど、相手は逃げるだけです。
こんな時には、ただ変化を受け入れるしかありません。

「こんなステキな人二度とあらわれない」「こんないいお客様はもういない」。
その時はそう思うかもしれません。
でも、大丈夫です。

一人消えれば、一人あらわれる
不思議なことに、世の中はこういう法則で動いているようです
何も悲しむことはありません。

心配は無用です。
今まで以上に自分を磨いて、キラキラしたあなたでいればいいのです

YUKA160322010I9A4289_TP_V
恋は女性を美しくします。
壊れた恋でいっときは何も考えられず輝きが薄れるかもしれません。
しかし、また新しい出会いが生まれた時、今まで以上の輝きを増すのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム