ほめる「ツボ」を間違えないで♪


ほめ言葉の生かし方♪

ほめられて気分の悪い人はいないものです。
特に男性は、女性に、自分がどんな人間なのかを知って認められることが喜びです
だからといってやたらとほめればいいかといえば、大間違いです。

人によって「自分のここを見てほしい」「認めて欲しい」という点は違うのです。
たとえばスポーツが得意な男性はそこに注目して欲しいはずです。
勉強や仕事が得意な男性はその方面をほめて欲しいはずです。

カッコイイ男性がいたとします。
その男性に見た目をほめても「はぁ~、そうですか」と素っ気なかったりします。

「あなたの発想力って人並み外れてズバ抜けてるよね」。
などと頭脳面をほめられると大喜びします。
つまり、ほめ言葉も男性のツボにハマらなければ、生きないということです

では、どのように男性のツボを見抜くことができるのでしょう。
それは、とにかく焦点を自分じゃなく相手に合わせることです
その人のことを「分かろう、分かろう」と努めるに限ります

野球のバッターは、頭で考えるより先に体が動きます。
「これはフォークか?」などと考えてからバットを振ったのでは遅いですよね。
それと同じです。
baseball_3-thumb-autox1600-24970

反射神経でパッとツボにハマるほめ言葉が出てくるようになれば、一人前の女性です。
分かり易いのは、男性が自慢話をした時です。

男性は、自分が一番認めて欲しいと思っていることを自慢するものです
「ここがツボ!」と教えてくれているようなものです

ツボが分かったら、わざとらしくならないように心を込めてほめましょう。
「ほめてばかり調子にのる」と思うかもしれません。
でも、モテへの道は、男性を調子にのらせることなのです。

ほめる時は小さなことからでもOKです
たとえば、「その時計ステキですね」「いつもセンスのいいですね」。
そこに加えて、「わあ、その時計、高級ですよね。お似合いですね」。

「ちゃんと分かっていてほめている」をアピールできれば、ほめ言葉も真に迫ります
それから、こまめにほめることです

YUKA863_ok15185909-thumb-815xauto-18589
ただし、口先だけで思ってもいないことを言うのは絶対にダメです。
ウソを言うと「ほめてやった」という傲慢な気持ちになります。
傲慢さはハナについたり、すぐにバレるものなのです。

ウソをつかなくても男性のよいところをちゃんとほめてあげる。
そのためには、やはり男性をしっかり観察し、理解することが大事なのです
誠意がなければ、どんなほめ言葉も男性の心に届きません

ハート亀裂
一見、簡単に思えるほめ言葉。
でも、一番デリケートで効果的な攻略法です。

ほめる前に、男性のことを把握できるように観察力を持ちましょう。
チャットレディのお仕事にも役立ちますね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム