沈黙が出来た時の対処法


何を話せばいいのかにゃ

チャットレディのお仕事をしていて、会話の途中に変な間変な沈黙を経験したことが多いと思います、沈黙をなくそうと上手く会話をつなげていると思いますが、それでも変な沈黙ができてしまった場合はどうするのか。

今回はその変な間、変な沈黙が出来た時の対処方法についてお伝えします。
まず会話の途中で気まずい沈黙が出来てしまった場合、とにかく慌てないことです。
慌ててしまうとろくなことはありません。

失言しやすいのもこんな時ですね。
慌てるなと言っても、そんなことはコントロール不能でしょ、そう思う方も多いはず。
でもコントロールは可能です。

実際に沈黙がおきてしまった場合の対処法

ポイントはできてしまった気まずい沈黙を、その沈黙のあとの最初の会話に引きずらないことです。
つまり気まずい沈黙を気にしないことです。
それができれば、沈黙などすぐになかったことになります。

気にするなってのが無理でしょ、気になるんだから、という人もいるでしょう。
では正確に申し上げます。

多少気になるのは仕方ありませんが、お客さんにあなたが沈黙ができたことを気にしているように思われなければいいのです。
そうすればその後の会話への影響は最小限ですみます。

そしてその後の会話が弾んでいれば、あなたもすぐに沈黙の事は忘れてしまいます。
お客さんに沈黙が出来たことを気にしているように思われない方法はあるのか?
あります。

会話のリズムのテンポと声のトーンに注意すること

人は慌てると、会話のリズムが早くなり、声のトーンが高くなります。
つまりあなたの会話でリズムのテンポが早くなり、声のトーンが高くなると、お客さんはあなたが慌てていると判断します。

であれば、慌てない方法(正確には慌てて見えない方法ですが、結果的にあなたは慌てなくて済みます。)が見えてきますよね。
そうです。気まずい沈黙のあとの会話でリズムをゆっくり、トーンを低くすればいいのです。

  • 会話のリズムをゆっくり
  • トーンを低く

気まずい沈黙のあとの会話でリズムをゆっくり、トーンを低くする事によって、

お客さんにはあなたは慌てていない→あなたは沈黙を気にしていない→今の沈黙は気まずくなかったのでは、という気持ちの流れがおきます。

これだけで、気まずい沈黙ができた時の対処が可能となります。

練習はいりません。
とにかく少しゆっくり、少し声のトーンを低く話すだけですから。
この方法を覚えておくと便利です。

リズムと声のトーンで変な間、変な沈黙を無くしてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム