「適度な頑張り」が評価される♪


「頑張りすぎ」は、まわりを疲れさせる

ある女性は海外に留学したわけでもないのに、英語がペラペラです。
学生時代に猛勉強して英語をマスターしたそうです。
もちろんそれは凄いことです。

その後は会社を経営し、一時はキャスターとしてテレビ番組にも出ました。
彼女はとにかく頑張り屋さんです。
家が裕福ではなかったので、大学の学費は自分で捻出しました。

サクセスストーリーの見本のような彼女です.
でも、なぜか周りには息苦しい存在なのです。

「あなたがすごいのはよくわかる。でも...」その先が続きません。
なんともいいようがないのです。
もうちょっと生き抜きしたらとつい彼女にいいたくなってしまうのです。
YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

彼女のような人に共通しているのは、近寄りがたさです
一緒にいると、緊張してしまうのです

彼女のような人は頭がいいので直接言葉に出しません。
ですが、その人にできてこちらにできないこともあります。
それだけでこちらをだめな人間のように決めつけるところがあります。

そうした目の表情は、こちらは「だめじゃないの、できるようにならなければ」。
そう怒られているような気がします。無言の圧力を感じるのです。

頑張ることはいいことでしょうが、頑張りすぎはよくありません。
第一に疲れます
第二に、周りの人から敬遠されます

頑張りすぎの人には、近寄りがたい雰囲気があります
とてもまじめな人なのでしょうが、声をかけるのもためらわれます。

頑張りすぎの人は、いつも歯を食いしばっています。
笑顔を見せません
目線はいつも一定の方向に向けられています

もちろん冗談をいう余裕もありません。
潤いもありません

YUKA150701598457-thumb-1000xauto-19536
頑張るあまり、人にどう見られるかには無頓着です。
よくいえばシンプルな化粧とシンプルなファッションです。
ですが、悪くいうとそっけないのです。

いったいなんのためにそこまで頑張るのでしょうか?
努力するだけでいいと思います。
努力すれば必ずいい結果になります

努力と頑張りの違いは、人の評価を気にするかしないかの違いです
努力は自分自身の問題です。
自分がそうしないと気がすまいからそうするのです。

人から評価されたくてそうするのではありません。
結果として誰かがそれを評価する場合もあります。

頑張りは押し付けがましいともいえます。
頑張りの次の段階は、わたしはこんなにすごいのよ。
と、周りの人に宣伝することです。

一方、努力の次の段階は、まわりの人がそれを正当に評価することです
でも、どうしても、自分は頑張ったのだとアピールする人のほうが目だってしまうのです。
VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

人から好かれたいと思ったら、とにかく努力することです
努力家は、必ず共感を得ます

なぜなら多くの人が生まれつきものすごい才能を持っているわけではありません。
才能のなさを努力でカバーする、というパターンを人々は好みます

努力すればものになるという見本が欲しいのです
頑張りすぎの人が見ている先には、実は名声とお金があります。
それを人々は敏感に察知してしまうのです。

ひたすら努力だけしている人との違いに、みんな気づいています。
気づいていないのは、頑張っている本人だけです。

kawamura1029IMGL4347_TP_V
ここでいう「頑張り」というのは、欲に駆られたものを指しています。
ですから、誤解しないでください。

「努力」と同じ「いい頑張り」はあなたの人生を必ず豊かにしてくれるのです
チャットレデイさんも「いい頑張り」で成功の道を切り開いてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム