饒舌ではなく「端的」に♪


考え方をはっきり伝えるには?

相手に自分の考えを伝える最も一般的なのが、言葉です。
口下手だからと人と話すのが嫌という人も少なくないでしょう。
ですが、人は言葉という素晴らしい手段を持っています。

言葉を使うといっても、饒舌である必要はないのです
おしゃべりな人がいいと、すべての人が思っているわけではありません

大切なことは、相手への伝え方です
このとき大切なのは、話す前の準備です。

何かのスピーチだと、あらかじめメモに書き残したりします。
ですが普段の会話の場合はそうはいきません。

けれども準備は必要です
しゃべろうとする前に、頭の中に原稿を用意します。

自分の考えを整理するのです
整理するときのポイントがあります。

結局、何がいいたいのかを短い言葉にしておくことです
テーマではありません。
テーマというのは、何についてしゃべるかです。

ここでは、テーマという言葉は忘れてください。
それよりも、結論はなんなのか確認しましょう

hon
結論の次は出だしの部分を決める、話のきっかけです
いきなり結論というのでは、話になりません。

出だしはなんでもいいのです。
「この間、こんなことがあったんです」。
「最近、気になることがあるんです」でもなんでもかまいません。

出だしと結論の間で何をしゃべるか
この部分はかなり自由にしゃべっていいのです

簡単にいうと、いわゆる意見の部分です。
雑談ぽいものでもいいし、不平不満の類でもいいのです。

以上のことを知ったあなたはどう思いましたか?
今までに本で見たり聞いたりした「マニュアル」それと違うと思ったでしょう。
でも、このとおりにすれば、必ずうまくいきます

smIMGL4144_TP_V
考えをどうまとめるかが重要です。
大切なのはシンプルであることです
要領のいい話し方をする人は、好感をもたれます

その人の考えがはっきり伝わるからです。
これが整理されていない話を延々としゃべられたらどうでしょう。
話を聞かされる相手は、うんざりしてしまいます。
pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

話の内容が明確で、中身がある
そして手短に話すことが大切です
そうすることで頭の良さを感じさせてくれるものです。

考えをまとめずにしゃべる人。
そういう人には、だんだんと会いたいという気持ちが失せてしまうものです。

単なるおしゃべりだからいいんだ...。
そう思わずに、人から好かれる話し方を心がけましょう

もし、それでも自信がないという人は、本を読む習慣をつけることをおススメします。
本は苦手...そんな人はテレビのキャスターなどから学ぶのもいいでしょう。
SAYA151005368760_TP_V
お手本になるものは身近にあります。
ただ漠然とテレビを見るのではなく何かを吸収しようと思う姿勢で観てみましょう。
毎回でなくても時々でもいいのですから♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム