「タイミング」の見極が話し上手♪


タイミングよく「聞き役」にまわる♪

女性の中にも、「お喋りが得意」「話すのが大好き」という人がいます。
逆に、「お喋りは不得意」「話すのは好きではない」という人もいます。
確かに口数が少なく、無口な女性は存在します。

黙っていて、聞かれないと自分から話さないという女性がいます。
口を開いても、ひと言で終わってしまいます。

「どこから来たのですか?」「北海道です」。
「北海道は広いですけど、北海道のどこですか?」「札幌です」。
といった具合。

話すのが好き、お喋りが得意という人の場合。
「どこから来たのですか?」。
「北海道の札幌から来ました」。

「ご存知ですか、時計台は有名ですが、意外に小さいんですよ」。
「へえ、知りませんでした」。

「それから、札幌はラーメン以外にもスープカレーがすごく美味しいですよ」。
聞かれたわけでもないのに、ポンポンと話が飛び出し、賑やかにお喋りが続きます

このように、お喋りタイプの人は話す一方となります。
片や無口の人は聞くだけということになりやすいのです。

喋るのが好きな人は、自分だけ一方的に話さないよう注意をしましょう
相手にも話したいことがあるのです。
黙っているほうが性に合っている人にしても、話したいことは必ずあるはずです。

一方、無口の人は相手の話を黙って聞くのだけではいけません。
相づちを打ったり、返し方を工夫して会話を盛り上げる、働きがけが必要になります

TIG86_hoduewotukujyosei-thumb-815xauto-16703

そこで、本物の話し上手の居場所とは、話す一方、聞く一方のちょうど中間地帯といえます
特に、話し手としてよく喋りながら、タイミングを見はからえる人
その上、さり気なく聞き役に転ずる人は、会話の本当に上手な人と言えます

話しながら「引く」ことのできる人

話が得意な人は、喋りなれています。
それだけに話し方が巧みで、次々に面白い話が飛び出してきます。

そのうち話に夢中になって、自分の話術に酔ってしまいます。
こうなると、聞き手の反応に気づかなくなって、突っ走ってしまいます。

面白い話をしながらも、自分のなかにもう一人の自分がいて、聞き手の反応に目を配ることです
もう一人の自分が、「喋りすぎてるよ」「その辺でやめておいたほうがいい」。
などと、話している自分に囁くことです。
ブルー女性 

普段から、コミュニケーションが発信のみで一直線に進まないようにする。
そのような、心を配る習慣をつけておく必要があります

話しながら、相手の反応に応じて聞き役に転じられるように、意識しておく
すると、やがて直感が働いて、自然に聞き役に廻ることができるようになります。

力を入れて、力を抜く」。
このことを普段のコミュニケーションのなかで、体で覚えておくことです。

見て話す、話しながら間をとる、相手を話しに誘う
という三点が大事になります。

よく喋るのに、相手にも話し手になってもらい、会話のやりとりをスムーズ進めていける人。
そんな人が、あなたの周囲にもいるはずです。
0I9A5582ISUMI_TP_V

人気を得てるチャットレデイさんは、そのような人なのかもしれませんね。
聞き役」に徹することは、「会話上手」の基本と覚えておきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム