女性としての「修正点」を知る♪


女性のダメな部分が男性には愛おしい♪

男性はもともと、「愛する女性を守りたい」という騎士精神に通じる心を持っています。
自分が助けたい、守りたい、手伝いたい、役に立ちたい。
このような純粋な気持ちがあるのです。

たとえば、あなたが「ダメだ」と思い込んでいる部分があるとします
男性視点から見れば、じつはその部分に惹かれることも少なくないのです

ある女性は、これまで自分の欠点ばかり目についていました。
ダメな部分を直さなければと必死になっていました。

「私はあの人みたいにきれいじゃない」。
「私はどんさくて仕事もしっかりできない」。
他人と比較し、自分の悪いところばかり見ながらすごしてきました。

でも、人から見ると「できない部分があってもがんばっている健気さ」。
それはとても魅力的で、誠実に自分の人生と向き合っている姿に見えます
男性は、それが「手助けしてあげたい」と思われる純粋なものだったりします
無題

その女性は、自分を否定しないように心がけました
「おちょこおちょいでもがんばろうね」。
こう、自分のことを温かく見守るようになりました。

そして、できないことを自覚したのです。
「ごめんね。私はどうしてもここが不得意なんだ。だから助けてもらえないかな」。
と伝えるようにしました。

すると、助けてくれる男性が集まってきたのです。
「完璧でなければ愛されない」は、誤った考え方です。
また、助けてもらうことは屈辱的なことではありません

完璧でなくても愛されます
むしろあなたが完璧ではなくていいのです

男性は「助けたい」「守りたい」「自分がいなければならない」と思えるのです。
相手に助けていただく」という意識を持ってみましょう。

yk0i9a6236_tp_v
あなたが男性にとってのお姫様ではありません。
何があっても戦える騎士になってしまえば、男性の出番はなくなるのです。

女性的な感性をポジティブに使う

私たちが持っている女性的な繊細な感性は、表と裏の面を持っています。
たとえば、生まれながらに繊細な感受性を持っていたとします。

しかし、それが「細かいことに気づきすぎて神経質になり、周囲の人を責めてしまう」。
そこに集中して使われてしまうと、幸せになれることはありません。

あるいは、感情が豊かであっても、「感情のブレーキがきかずに相手を追い詰める」。
そこに使われてしまえば、人との関係はうまくいきません。
このように、女性的な側面は、ネガティブに働いてしまうことがあります。

大切なことは、自分の資質を正しく理解し、自制するとよいうことです
自分で修正していくことで、これらをすばらしい資質としていかすことができるのです

YUKA20160818360316-thumb-autox1600-25837
日頃の自分を理解することや、改善していくことも容易ではないことです。
しかし、女性として幸せになれることを考えることも必要です。
ぜひこの機会に自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム