初対面の挨拶で心を掴む


人間関係を築く上で大事な第一印象

初対面の時に、最悪な印象を与えてしまった場合には、その人となかなか良い関係につながることはありません。
ビジネスでも恋愛でも、初対面の印象が悪かったせいで大事なものを逃している危険性もあるわけです。

まずは先手必勝で自分から相手を受け入れましょう。
そのためには自分の心を相手に開くことを心がけましょう。

チャットレディの方も初対面の会話内容で困ることもあるかもしれません。
双方にとって良い関係を生み出す会話というのは、雑談に他なりません。

相手を責めない、批判しないというのが、良い会話の鉄則なので、当たり障りの無い雑談が初対面には最適なのです。

話し方でわかるタイプを紹介してきます。

タイプ 特徴
早口で喋る人 早口で話す人は、視覚を重視して情報を受け取るタイプです。物事がどう見えるについて強い関心を持つ傾向
ゆっくり話す人 ゆっくりと話す人は、触覚を重視して情報を受け取るタイプです。どんな風に感じるかについて強い関心を持つ傾向
早口とゆっくりの中間の人 早口とゆっくりの中間の話し方をする人は、聴覚を重視して情報を受け取るタイプです。どんな音が聞こえるかについて強い関心を持つ傾向があります。

どんな相手とも初対面で失敗しないようにコミュニケーションはとりたいものです。

初対面の場として使える場合として、おすすめしたい話題が3つあります。

  • 天気
  • 景気
  • 褒める

初対面の人に急に土足で入るような話は避け、まずはこの3つでお互いの緊張をほぐすところから始めてみましょう。

明るく元気に気持ちのいい挨拶

挨拶1つで、自分の印象を180度変えるだけでなく、全体の空気まで変えることができます。
挨拶がある職場と、ない職場では、挨拶のある職場の方が、前向きな気持ちで仕事ができますよね。
さらに、明るい挨拶をする人が1人でもいると、つられて周囲の気持ちまで明るくなります。

そのためにも、ただ挨拶をするのではなく「声を張って、明るいイメージで、相手の目を見て、自分から挨拶する」ことを心掛けましょう。
気持ちのいい挨拶で新年度をスタートさせましょう。

挨拶だけの関係だとしても、挨拶があるのとないのとでは、心の距離が違ってきます。
いちどでも挨拶を交わしておけば、トラブルがあった時や全体の飲み会などで、話しやすくなります。

会話を始める前に挨拶を意識し、心掛ければ会話をしやすいのでぜひ、お使いください。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム