「ストレス」に縛られていませんか!?


同じ忙しさでも元気な人と疲れている人の違い

すぐにため息をついたり、「疲れた」が口癖になっている。
そんな人があなたのまわりにもいるかもしれません。

休みの夜には「明日から仕事だ。やだなあ」とため息をつく。
数日経つと、「休みまでまだ何日かある」と、またため息。
そして、待ちに待った休みの前日「やっと休みだ。長かった」とため息をつきます。

ため息は誰でも出ることです。
しかし、「疲れた」という言葉を口にすること、ため息をつくこと。
それらを習慣にしてしまうと、疲れていることが性格の一部になってしまうことがあります

こうなると、よく休んでリフレッシュした後でも、疲れているように思えます。
疲れていないと安心できなくなり、逆にストレスを抱えていないと不安になります。

EV185143024_TP_V

前日から、「明日の仕事は疲れそうだな、やれやれ」と予想する行為。
それは、疲れを助長することにつながります

明日は朝が早いからと、ベッドに入ったのに「早く寝なきゃ」と焦ってしまう。
それが、かえってよく眠れなかったりしたことはないでしょうか。

なんでもないときから、「疲れるだろうな。やだな」と思ってしまう。
その気持ちが疲れを呼んでしまい、脳にそれがすり込まれてしまうのです

人はいつも楽には生きられません。
仕事が忙しくて睡眠不足になったり、ストレスを抱えて疲れてしまう。
これは誰でもあることです。

「睡眠は八時間とらないと、疲れがたまる」と信じている人もいます。
質のいい睡眠ならば、時間に関係なくリフレッシュできるものです
しかし、脅迫観念になり、自分の機嫌の悪さを寝不足のせいにすることさえあります。

ときには寝不足でもいいのです
毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に食事をとるという規則的な生活。
それは、確かに健康にいいでしょう。

しかし、自分の作った規則にがんじがらめになってしまう。
心の自由を奪われるようでは、本末転倒です。

「寝なければいけない。食べなければいけない」と、「~すべき」。
この考えを行動の中心にして生活していると、ストレスにつながります。

いつもいつも「疲れた」を連発している人は、周囲にとっても迷惑なものです。
本当に疲れているなら、きちんと休みをとりましょう

遊びたいときは遊ぶ、働くときは働く
眠りたいときは眠るという生活をしていれば、多少の寝不足もあまり苦にならなくなります

PA151026533579_TP_V

とくに、女性は心の不健康さは、魅力の激減につながります
チャットレディとしては、これは避けたいものです。

日々、楽しく過ごすことが理想ですが、そうもいかないのが現実です。
そのストレスを自分なりに対処できる策を持ちましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム