「隙」は「好き」で作る♪


「スキあり女性」の自然な色気♪

まじめできちんとした女性に限って、男友達や同僚から「完璧で隙がない」。
「もっと隙があればモテるのに」だとか言われがちです。

ところが、この「隙」というのがじつにやっかいなしろものです。
作ろうにも作り方がよくわからないものです。

「愛想をよくすればいいの?」「スキンシップをもっと取れってこと?」。
「笑顔をもっと大袈裟にしたほうがいいのかな?」などの疑問が深まるばかり。

「要は、男性たちの好きなドジっ子も萌えってこと?」。
「結局、肌の露出の問題でしょ?」と結論を急ぎたくなることもあるでしょう。

たしかに「男好き」する雰囲気を振りまいている女性もいます。
そういう女性がチヤホヤされているのを見ると、一瞬「うらやましい」と思うかもしれません。
でも、「ああまでしてモテたいとは思わない」と乗り気になれないことも事実でしょう。
SAYA160105462622_TP_V

男性を引き寄せる永遠の謎とも言われる「隙」。
その正体は何でしょうか。
「隙(すき)」とは好き(すき)」のことです!!

そもそも男女間における「隙」とは、相手にどれだけ心を許しているか
心を開いているかというバロメーター
ですから、相手の男性のことを「好き」になれば自然と「隙」は生まれるのです

好きな人の前ではだれしも、表情が柔らかくなり愛想もよくなります。
言葉づかいも優しくなるはずです。

その人に見られていると思うと、つい緊張してふだんはしないような失敗をする。
ちょっとしたきっかけでほほが赤らんでしまったり。
誘いがあればついて行きたくもなります。

およそ「完璧」という言葉とはほど遠い状態になるでしょう
これが「隙」です

YUKA8451_745_TP_V

「隙」とは、好きな人の前で自然と表われてしまう、じんわりと温かなオープンマインドさ
「なるべく一緒にいたいな」という静かな欲求のことです

ですから、「ちょっといいかな」という相手が現れた場合。
「好きかも」ぐらいに気持ちを高めてみましょう

好意を持った男性の横顔にじっと見とれたり、「手をつなぎたいな」と願ったり。
「このあとどこに行くのかな?」と妄想したり。
そういうピュアな気持ちに身を委ねることで、おのずと「隙」は生まれてきます。

「無理をしないで【隙】を作るコツは、意外なところにあるものです
「隙」という言葉に抵抗がある女性も多いかもしれません。

近づく「隙」さを与えないのでは、いい出会いも期待できないかもしれません。
「隙」だらけではなく、適度な「隙」を兼ね備えた女性になりましょう。
チャットレディのお仕事中には、会員様を好きな人と意識した「隙」を活用しましょうね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム