「好かれる」ための心理学♪


アゴを上げる効果♪

何となく覇気がなく、小さな声でしゃべる人はみんなに信用されにくいものです。
元気のない人は、人を動かすエネルギーも欠けていると見なされてしまうのです。
では、どうしたら、そんな見た目の印象を変えることができるでしょう。

それはアゴを20度上げるだけでいいのです
アゴを20度上げたときに快活な表情に見えます
30度上げると尊大で威張った表情に見えることが検証されました。

たった10度の違いでここまで違った印象を与えるのは驚きです。
しかし、自分を元気に見せたいとき
少しアゴを上げるだけでいいのなら、やってみる価値があると思いませんか

N825_akinoyousu_TP_V
また、笑顔を絶やさずにいる人ほど、経済的に豊かであるというデーターも出ているそうです。
笑顔が素敵な人ほど好かれ、ポジティブな気持ちになれるのですから当然の結果かもしれません。
ぜひ、この2点に注意して、見た目の高感度アップさせてみてはいかがでしょうか?

見た目の好感度をアップさせるための復習♪。

アゴを20度上げる
アゴを20度上げるだけで、相手は快活な表情に見えるという実験効果があります。
美人効果も、この20度がポイント

アゴを30度上げる
逆に10度上げると、今後は快活ではなく、威厳あるように見える効果があります。
あまり上げすぎるのも気をつけましょう

笑顔
経済的に裕福で素敵な人に見えるのは笑顔の効果があります。
笑顔を絶やさずいることは周りをも元気にさせます

YUKAPAKU3246_TP_V

好き嫌いを決定する5つの要因とは?

人はどのように相手に魅力を感じ、好きになるのでしょうか?
また、どのようなときに相手に嫌悪感をもち、嫌いになるのでしょうか?
それは大きく5つに分類されます

まずは、相手が好意を感じるような魅力をもっている「相手要因」が挙げられます。
美人やハンサムといった身体的魅力や、優しいなどの性格特性を持っている
このような場合に好意を感じます。

自己要因」は自分の状態や特性が相手の好意に影響します。
たとえば、自分が興奮状態にあるときにタイプの女性が近くにいる
すると、その人に好意を持っていると思いやすくなります

続いて「相合的要因」です
これはふたりの間の性格や好みが一致していると好意が生まれやすいというものです

相合作用要因」はふたりの間の相合作用により好意が生まれることです。
ふたりで一緒にいる回数が増えたり、褒められる回数が増えると好意が増すのです

最後の「環境的要因」とは物理的、地理的環境が好意を決定するというものです。
雰囲気のよい場所やふたりの距離が近かったら好意が生まれます

hanatohon
5つの要素を踏まえて、好かれたいと思う人とコミュニケーションをとってみるもの大切です。
ぜひ、チャットレディのお仕事に活かしてみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム