「座る姿」も魅せどころ♪


動きが美しく見えるテクニック♪

チャットレディのお仕事は待機中の姿、しぐさからが勝負です。
姿勢の良さは、印象の良し悪しを左右するくらい大事なマナーにもなります

普段は、あなたがあまり意識しない座り方を再確認してみましょう。
もちろん、日常でも大いに役立つことです。
美しい座り方のポイントを学んでいきましょう。

背もたれに寄りかからず、足を斜めに流すと長く見えます
あまり緊張感を出しすぎない座り方といえます。

椅子の背もたれには寄りかからずに浅めに腰をかけます。
すると、かなり前方に上肢がはみ出すことになるので、この足を斜めに流します。
片方のヒザをイスの縁に寄せる気持ちで座りましょう。

すると、自然に体が少し斜めを向き、ヒザから下の部分も斜めに流れてきれいに見えます
上半身は斜めに向いたままなので、あくまでも正面を向くようにややひねりましょう
これなら、椅子の縁にふくらはぎが当たってつぶれることもなく、一割は長く細く見えます。

SAYA072161859_TP_V
オバサン座りを防ぐには?
背筋に緊張感をもたせることです
座席にドタッと腰を下す「オバサン座り」は、見た目もよくなく、実際の歳より老けてみられます。

☆美しい座り方のポイント
①背もたれからこぶし1つ分離して腰を下ろす。
②上半身を前に向けて背筋をぴんと伸ばす。

③全身の体重を、お尻の坐骨にのせるイメージ。
④両足のヒザをそろえて、そのまま左右どちらかに流す、の4つです。
外に出たら、知っている人がいなくても常に「見られる」ことを適度に意識しましょう

SAYA072162733_TP_V
☆好感を持たれる位置関係は?
美しい動きは、周囲の人の気持ちも和らげてくれます

本来マナーとは、人がよく過ごすことができるような配慮と工夫。
それが、決まりごととして定着したものです。

真正面から向き合って座ると誠実な印象になります
きちんと伝達したい場合は正面に位置を取ります

ところが180度という角度は、心理学的には「対立」の位置なのです。
共感を生む友好的な角度は、90度だそうです

レストランなど四角いテーブルで四辺に椅子が1つずつ置かれていたとします。
向かい合った椅子ではなく、角をはさんだ隣。

つまり90度の位置に座る方が、なごやかに話ができるということです
これは立ち話のときにも応用できると思います。

☆イスから優美に立ち上がるには?
ひそかな「腹筋づかい」が決め手です。
美しい立ち上がり方のポイントは以下のことに気をつけましょう。

①首筋をスッと伸ばしたまま、立ち上がるために足をゆっくり引く。
②利き足側に心もち重心を移動させる(体は傾けないように)。
③手で何かのはずみをつけたりせず、腹筋を緊張させてまっすぐ一気に立つ。

腹筋を使うと腰がまっすぐになって体の線がきれいです。
筋力のあるかないかが分かれ目です
普段から階段の昇り降りなどで鍛えておきたいものです

SAYA160312110I9A3798-thumb-autox1600-22018

せっかくの若さも姿勢ひとつで老けて見えたりします。
また、だらしないイメージを持たれることもあります。
待機中の座る姿から、魅力をかもしだせるチャットレディを心がけましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム