「想像力」を味方につける♪


想像力こそ会話を変える♪

「私の髪型はどう?」
「私のファッションセンスはどこかおかしくない?」
「どんなメイクをすればいい?」

こういった質問は、日常の女性たちの会話で多いものだと思います。
自分では考えようとせず、他人にすべてを委ねるような内容が増えてきていると思いませんか?
相手の立場になって、「どんな女性なら好感をもてるか」と想像すればよいだけです。

簡単に想像できる具体例
髪型
「生活の疲れを感じさせるようなどうでもいいような髪型にならないように気をつけよう」

ファッション
「流行遅れのダサい服装にならないようにしよう」
「色やサイズがフィットしているか鏡で確認してから、家族や友人に意見を聞こう」

メイク
「いくらナチュラルメイクがいいと言ってもノーメイクな女性には好印象をもてない」

このように簡単な想像一つで、自分がどのようにあるべきかを感じるはずです。
想像しないということは、自分の意思を発見することを放棄しているのと同じことです

まずは自分で考えて、それでも決断できないとき。
迷っている選択肢や、具体的に感じる疑問などを相手に聞いてもらう。

そうすることで、想像力の間口を広げましょう
すべてを相手任せにするような頭の使い方では、想像力が広がらなくなります。
YUKA150701598457-thumb-1000xauto-19536

質問の仕方でレベルを判断される

たとえば、それまでの話を聞いてないために、誰もがした質問と同じ質問をする人がいます。
また人が大勢いるの質疑応答の場で「私にはどんな色が似合うと思いますか?」。
という質問をする人もいます。

このような場面ではふさわしくありません。
「この質問はこの状況にふさわしいだろうか?」「言い方は適切だろうか?」
話す前に一瞬でも考えることが大切です。

主語を「私」ではなく「私のような○○なタイプには、何色が似合うと思いますか?
このように変えるだけで、ほかの人も聞いていて得をする質問に変わります。
同時に、質問をした人の想像力レベルも高く評価されます

では、想像力を鍛えるには?
話す前に、それまで考えもしなかった状況を一つか二つは取り上げて想像してみることです

ほかにないかな?「違う言い方もあるはず!」と、頭の中で呪文のように問いかける。
そうしているうちに、きっと新しい発想が芽生えてくるはずです。

そして、質問する内容も端的かつ適切な質問ができるよう頭を鍛えましょう。
そんな女性には知性が感じ取れます。
CON_uehon15084810_TP_V

想像力を鍛えることは、会話にも効力を与えます。
なんでもない日常の出来事...。
そこに想像力をプラスすることで、相手を会話に引き込む出来事に変えることも可能になります。

嘘は少しの罪が生じることもあります。
想像力はあなたの心の豊かさを感じさせます。

最近、会話にめりはりがないと感じている...。
そんな不安を感じているチャットレディさんは想像力を味方につける努力をしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム