その先を「想定する」力をつけよう♪


質問から話は発展する

自分が聞きたいことを、相手が答えやすい形で質問すると会話が弾みます。
質問するときは、相手が話したいこと、相手が知ってほしいと思っていること。
相手が責任を感じないで答えられる質問から入ります。

たとえば、インタビュアーAが舞台女優Bにインタビューする様子を見てみましょう。
A「今日のファッションは素敵ですね。こういう色が好きなんですか?」
B「はい、でもこれはスタイリストさんが選んでくれました」

A「そうですか。あなたの特長をよくわかった方ですね」
B「そうなんですよ。長年一緒に仕事していますから」

A「どうりで。ところで今度の舞台も、衣装が素敵なのですね」
B「ええ、初めて見たときはびっくりしました」

この場合インタビュアーは、最終的には仕事の感想、共演者への思い。
これからの仕事への夢などを話させたいのでしょう。
最初から相手に夢を語らせようとしてもうまくいきません。

舞台を衣装の視点で語らせる。
その衣装の話を今日の服装から引き出す。
インタビュアーの技術が見て取れます。

どういうことを聞いたら、相手が質問に答えてくれるか
どうしたらその答えから会話を発展させることができるか
それらを、事前に考え会話の場に臨んでみましょう

AL0012-uwamedukaiol20140722_TP_V

相手が話しやすいことから話し始める

会話はあいさつの延長と考えると、気楽になります。
あいさつは言葉の交換から、もうひと工夫することが会話なのだと考えましょう

「おはようございます」
「おはようございます。早いですね」
「そうですか。大変ですね。いってらっしゃい」

そうですか。大変ですね。いってらっしゃい」という言葉。
それを「そうですか。大変ですね。どこまで行かれるのですか?
このようにすれば、場所についての会話に発展します

○○についてどう思う?」という問いかけは、内容が曖昧で、相手の反応が読めません。
よく知っている相手であれば予測できるかもしれません、
しかし、よく知らない相手ならば、どういう反応が来るか読めないのです。

この場合は「○○について知っていますか?」と聞きます。
これで、「知っている」か「知らない」に限定できます。

「知っている」と言われれば、「どこで知ったの?」と聞けばいいのです。
「知らない」と言われれば、「最近は忙しいの?」と聞けば、その先の展開に繋いでいけます

ちょっとしたひと言が、会話に発展したり、停止させたりします。
会話の上手な人とは、会話に発展するひとことを引き出せる人です

会話に発展する言葉を引き出す以前に、相手の口を開かせることが必要です
相手の口を開かせ、言葉が出たときに、それを会話に発展させる
そのような言葉を引き出す工夫をしましょう。

相手が答えやすい質問とは「はい、いいえ」で答えられる質問や事実を引き出す質問。
相手が得意としている事柄に関する質問です

相手が答えやすい質問をし、その答えを会話に繋げることを心がける
会話のきっかけ作りの大切なポイントです

AL101_natuin0320140830001_TP_V
まずは相手の反応を想定すること。
そしてその反応が想定内のものだった場合、次はどんな対応にするか?
それらを考えて話すと、落ち着いて会話ができるようになるはずです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム