触れてはいけない「その部分」..。


男性の劣等感を刺激しない

女性の一生を考えてみましょう。
赤ちゃんから女の子になり、思春期を過ごして大人の女性になります。
結婚をして主婦になり、出産して母親になり..やがて熟女になります。

このように、女性の一生は変化が激しいのです。
たとえば独身時代に背が低いというコンプレックスを抱いていたとします。

でも、やがて結婚し出産し、母親になればそんなことに構っている暇がありません。
「女」から「母親」にリセットされるのです

一方、男性はどうでしょう。
男性も父親になりますが、自分が子供を産むわけではありません。
ましてや、育児に追われるわけでもありません。

男性はいつまで経っても男のままで、リセットされません
だから、男性は一生コンプレックスを持ち続けます
処理するにはその原因を解消するか、もしくはうまく自分を納得させなければなりません。

でも、女性は放っておいてもコンプレックスが消えることが多いのです
母親になるとたくましいといわれるのもうなずけます。
2手

駄目押しするのは女性の一言です
同性にいわれるより、異性に「背が低い」と指摘されるほうがこたえます。

昔の男性なら、コンプレックスがあっても、武芸に打ち込んだり学問に熱中する。
などと、克服する術を知っていたでしょう。
そうすることで強い男になっていったのです。

今は男性に求められる「頑固さ」が影を薄くして、男と女が対等になりました。
頑強さよりも華麗さが重んじられています

オールマイティでなくても、強い男、やさしい男、夢のある男..。
などと、ある部分が評価されればそれで通用するようになったのです

つまり逆境に立ち向かう必要性がなくなってしまったということです。
普段の生活の中で、劣等感そのものを忘れている人も多いかもしれません。

たとえ思い出す場面があっても、相手にきづかれないようにやりすごす。
そして、自分自身もすぐに忘れてしまいます。

這い上がってくる、立ち向かう、そんな言葉はもはや死語になってしまったのかもしれません。
恋愛においても、一人で思い悩むこともなくすぐに誰かに相談します。

そして、すぐに告白して、断られて終了。
自分のコンプレックスと向き合わない道を上手に選んでいるのです
ok76_marukaburi20141221135231_tp_v

言い換えれば、粘りの強い男性が少なくなったのかもしれません。
この流れで、めきめきと女性の強さが強調されてしまうのは仕方がないことかもしれません。
もちろん、男性に限らずコンプレックスを指摘されのは嫌なものです。

女性はリセットできても、男性はリセットできないことを汲み取ってあげたいものです
劣等感を上手にフォローできる「気遣い上手」のチャットレディになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム