話し方の「速度」で印象が変わる♪


会話のスピードでモテ度が変わる!?

この頃のテレビを観ていると、早口で話す人たちが多いように思われます。
原因はどうあれ、昔と比べても早口で話す人が増えたのは間違いありません。

確かにのんびり、ゆっくり話す人よりは早口で話す人のほうが頭の回転が速い。
仕事もできそうな印象を受けます。
逆にゆっくり話す人は落ち着きのある、信頼できる人と相手には映るようです

話すスピードがどのような印象の違いがあるかを知っておくのもいいでしょう。
このような研究結果があるそうです。

それによると毎分300字程度の遅いスピードで話す人は、信頼できる
落ち着きのある人物とされ、その話には説得力がある評価されます

逆に毎分500字程度の速いスピードで話す人は、活動的で、積極的な人物とされます。
その話にはあまり説得力がないと評価されます。
といってもそれだけではわかりにくいと思うので例を挙げてみます。

現在のニュースを読むアナウンサーのスピードが毎分350字ぐらいだそうです。
ラジオが主流だった頃は毎分300字程度だったそうです。

それが情報量の拡大や時代の要請により、今ぐらいの速さになったそうです。
それでも早口と言われる人の話し方よりはずいぶん遅いはずです。

みなさんもニュースを聞く機会があるでしょう。
お笑いタレントの話し方とアナウンサーがニュースを読んでいる時の話し方を較べてみてください。
それぞれの受け止め方が相当違うはずです。
SAYA151005368760_TP_V

そうはいっても、最近ではゆっくりした話し方にも人気が集まっています。
ゆっくり話すことが安心感を与え、説得力を増しているからこそ人気もあるのでしょう

そこでみなさんも状況によって話すスピードを変えてみてはいかがでしょうか
基本的には毎分330字ぐらいのスピードで話し、相手に積極的な印象を与えたいとき。
多少、それよりも早く話してみましょう。

逆に説得力を高めたいときには、それよりも遅めに話すようにするのです。
早口で話す人が増えている現在。
ゆっくり落ち着いて話す人の話し方はきっと印象に残ります

SAYA151005398060_TP_V
自分なりに工夫してみてはいかがでしょうか。
ちなみに相手を引きつけるコツも知っておきましょう。

●自慢話や泣き言、愚痴はNG
●一人だけで話さない
●決して威張らない

●お世辞や辛口はほどほどに
●敬語を正確に使う
●イエス、ノウだけでは話は成り立たない

どれも当たり前のことですが、肝に銘じておきましょう。
話すスピードに変化をつけてチャットレディさんは自分をアピールしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム