「してはいけない」大事なこと♪


これだけは、気をつけたいこと...。

「これさえしてれば、めちゃモテ!」という特集や雑誌を読みあさり、マネてみる。
でも、一向に効果が表れないということがあると思います。
それはなぜだろう?と考えたことはありませんか?

どんな事にでも人それぞれに似合う方法があるからです
その方法を通用しない男性に使っても、逆に引かれることも考えられます。

たとえば、甲斐甲斐しく男性のお世話をする
これをうれしいと思う男性もいれば、母親みたいで女性を感じないと思う男性もいます

そして、甘えるという行為
甘えられるのが好きな男性もいれば、甘えたい男性もいます

100人100様...ひとつの方法で男性と向き合うのは難しいことだと思います。
でも、男性に【これだけはしてはいけない】ことだけは覚えておきましょう。

会話の先回り
相手がするであろう話を先回りしてしまう。
「知ってる、知ってる、こうでしょ?ああでしょ?」と言う。

会話への割り込み
相手の話をさえぎって、自分の意見を言う。

会話のさえぎり
以前聞いた話を「前にも聞いたよ」とさえぎる。

会話をスルー
おもしろくない話だからとスルーしたり、無反応。
(チャットレディさんは、会話の部分はとくに注意をしましょう。)

あとあとバレる【かまかけ】
男性は「かま」を掛けられることを特に嫌います。
「かま」を掛けなければ信用できないような付き合いなら、考え直す手もあります。

母親のような押し付けがましい言動
「ちゃんとしなきゃ」「だからダメなのよ」「だから言ったじゃない」
「他の人はちゃんとしてるよ」など。

SAYA072155409_TP_V

また、ひとり暮らしをしている彼の部屋を無断で掃除をする。
「健康健康!」と健康第一手料理の押し付け。
これは完全に母親モードを感じさせます。

親密になったときに【してはいけないこと】

恥じらいを失う
彼の見ている前で着替える。
トイレの水を流さず用を足す。

彼の視野範囲でのむだ毛の処理。
道端や店内で大きな声で彼を呼びつける。

妙な見栄を張る
普段から料理をしているわけでもないのに、「料理が得意」と言い張る。
確かに料理上手はポイントが高いかもしれません。

でも事実でなければ大コケになります。
テクニックとしてのウソ.見栄なら、それを本当にする努力が不可欠なのです。

FCFG100113202_TP_V

どうですか?思い当たる事柄がありましたか?
全てがこの通りではなくてもいいと思います。
これなら気をつけられると思うことをしなければいいのです

それでも効果を感じなければ、相手の男性は鈍感なのだと思いましょう。
他に、あなたの魅力をわかってくれる男性は必ずいるのですから♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム