さらに盛り上がるリアクションの裏技「知らんぷり」


お客さんとお話する時に、なかなか話が盛り上がらないな、もう一盛り上がり出来ればと思うことはありませんか?
あえて嘘をつくことで、お客さんからいろいろな話を引き出すことが出来るのです。

そんなテクニックを今日は紹介したいと思います。

これを覚えて稼げるチャットレディになっちゃいましょう。

「知ってます」と言ってしまうと…

 

会話を成り立たせるためには最低限のマナーを守ることが大切です。

ここでいうマナーとは、お客さんの気持ちを害さない話し方を心掛けるということ。

では「会話のマナー」とは何でしょうか?

 

例えば、雑談の中で、次のようにお客さんの話を止めてしまう人がいます。

 

お客さん「FCバルセロナのメッシって知ってる?」

チャトレ「もちろん知ってます、メッシの大ファンなんでめちゃくちゃ詳しいですよ!」

 

このやりとり、チャトレのリアクションはちょっといただけません。
雑談の中でお客さんがしてきたこの質問は、メッシのことに何らかの情報を持っていて
「メッシについて話したいんだ」という気持ちがあることを感じとらないといえけません。
それなのに、「もちろん知ってますよ」とまで言われたらお客さんは、自分より詳しいと思うはずですから、次に言おうとしていたメッシ関連情報を止めてしまうでしょう。

 

チャトレは、得意分野を振られ、思わず反応したのかもしれません。
たとえ嘘をつくのが嫌いであっても、お客さんの振ってきた話題を止めてしまっては大きなマナー違反となります。

少なくともここでは、「えっ、名前ぐらいしか知れませんが、〇〇さんはお詳しいんですか?」と質問することが望ましいケースでしょう。

 

お客さん「FCバロセロナのメッシっているじゃない?」

チャトレ「名前だけは聞いたことありますね。〇〇さんはお詳しいんですか?」

お客さん「彼は背が低いんだけど、実は10歳ぐらいの頃、身長が伸びない病気にかかってたんだ。
でも、入団先のチームからは治療費の支払いを断られたらしいんだ」

チャトレ「えぇ、それで、どうしたんですか」

お客さん「13歳のときにバルセロナを受験し、監督が一目惚れ。
その場で近くにあったナプキンにサインをして、契約を交わしたらしいんだよ。
もちろん、治療費をクラブが全額負担することに。
そのときのメッシの身長は143センチだったらしいよ」

チャトレ「へえ、いろいろドラマがあるんですね」

 

などといった会話が続き、お互いが気分のいい時間を過ごすことができるのです。

もしここでお客さんが「知らないのか、困ったな。
サッカーの企画でいろいろと調べているんだ…」と言ったら「私はロナウドという選手が詳しいんですが、多少は知っています」と、話を続ければいいのです。
もちろん、お客さんがチャトレに対して本当に「メッシについて全く知らないので教えて欲しい」場合は別ですが、こういう雑談の場合、ほとんどは年上であるお客さんは「メッシについて話したい!」と思っています。

    お客さんの話に込められた意図をうまく汲み取って「知らんぷり」をしてみてください。

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム