「視野」を広げて変化を得る♪


見方次第で世界が変わる♪

あなたにもこんなことはありませんか?
「きっとあの人は○○な人に違いない」と思い込んでいる。

その気持ちを隠しながらも、よくその人と話してみたら、思っていた感じと全く違った。
あれ?ということがありませんか?

こういうことは、意外と沢山あるもので、私たちは物事を「客観的に見ている」。
こう思い込んでいるという罠にはまるときが多々あります

その「客観的」とか「常識」とか「普通こうだ!」という考え方。
それは私たちの思考の中に盲点を作り出すだけではありません

自分だけでなく他人もさえ、一定の枠の中に押し込めようとする
そういう力が働いてしまうことがあります

さらに、このような「普通は○○でしょう?」という言葉。
それは私たちの生活の中で日常的に使われています。

なので知らず知らずのうちに、あなたから見て「普通」に見えない誰かの行動や言動
また価値観などを裁いている、ということがあります

N811_hibanawochirasu-thumb-1000xauto-14728
でも、よく考えてみましょう。
あなたが思っているその「普通」は、本当に世界標準の「普通」なのでしょうか?
本当に正真正銘の正しい「普通」なのでしょうか?

視点を変えるトレーニングをしよう

結論からいうと、ときには視点を変えてみる、ということです。
視点を変えるというのは、生きていくうえでとても大事なことです。

視点を変えるというのは、スキルの中ではかなり重要な位置づけです。
私たちの見方や、生き方さえも変わるものです。
目イメージ 

視点を変えると、広く物事を見られるようになります
楽に生きることもでき、人生の可能性が広がる、ということがあります

私たちの生活の周りにはネガティブな情報で満ちています。
放っておけば、どんどんネガティブな方向にもっていこうとする要素を含んでいます。
そんなときに、視点を変えてみることをおススメします。

このように柔軟に物事を考えられるとうことは、一種の心の技術と言えます
私たちが感じている世界、というのは、事実ではない場合が非常に多いのです。

自分の先入観や固定概念、妄想や想像で作り上げてしまっている可能性もあるのです。
私たちが見て判断しているものは、すべて自分が作り上げた、仮想現実とも言えるのです。
まさにマトリックスの世界です。

光ブルー、
日常のことに限らず、自分自身も普通に縛られて変化を選べない場合もあります。
自分はこのメイクが普通、このファッションが普通...。

でも、周りの人たちは思っているかもしれません。
こうすればもっとキレイになるのに、こうすれば洗練された女性になるのに...

これからは視野を広げてみましょう。
自分がもつ「普通」がどこまでが普通なのか考えてみましょう。

そこで何かに気づいたら、今まで敬遠していたことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。
普通に思えたチャットレデイのお仕事にも変化が生まれるかもしれませんね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム