「シンプル」に美を手に入れる♪


「思い込み」で美人は作れない

「美しくなる」ということは本当にシンプルです。
肌が荒れていたら治せばいいだけです。

顔色が悪かったら体を内側から温めればいいのです
眉を変えたいならハサミでカットすればいいのです
すべてがこのように実にシンプルです

それなのに、美しくなれないとしたら、本来のシンプルであるもの。
それを自分自身が複雑にしてしまっているからです。
kesyouIMGL9356_TP_V

では、複雑にしてしまう原因は何でしょうか。
それは「過敏」と「思い込み」にその原因があるのかもしれません。

「私は敏感肌」「シワは刻まれてしまうととれないもの」。
「年をとればたるむのは仕方がない」などの思い込み。

それは、ともすれば「この商品を使って大丈夫かな?不安」。
「またシワが増えてしまったわ」などの不安症、加齢恐怖症につながります。

ちょっとした顔の変化に敏感に反応して気持ちをどんどん暗くしていきます。
自分で自分を追い込んでいくことになります。

「私は絶対に美しくなれない」と思い込んでしまいます。
さらに美しくなろうとする気持ちを失ってしまいます。

女性をざっくり分けると一般的には「専業主婦」と「働く女性」に大別されます
ですが、もうひとつ、そこには心の過敏症になっている「過敏感な女性」。
というカテゴリーが存在するのです。
skincareIMGL7907_TP_V

しかも、過敏感な女性ほど、美しくなることをシンプルに考えることができません
どんなメソッドも素直に実行しようとしません

過敏感な女性は自分で自分を「こう」と決めつけて、その思い込みを解こうとしません。
だから、美しくなるまでの時間も、そうでない人と比べてすごく長くかかります。
「私は敏感肌」という女性も世の中には少なくありません。

ですが、真性の敏感肌とは先天性のアレルギーがある人など、限られています。
本当に敏感肌である人は、実際はそう多くはないのです

事実、「私は敏感肌で、常に顔が赤くなってしまう」という女性が顔筋マッサージしました。
赤味がすっかりとれてしまったということがあります。
赤味の原因は肌が敏感だからではなく、血の流れが滞ってうっ血していたのです。
skincareIMGL7813_TP_V

敏感肌に限らず、「私は〇〇」と自分を決めつけてしまう女性たち。
その女性たちは、冒険を怖がり、美しくなるという気持ちもなおざりにしがちです。
そうやって、もっと美しくなれる可能性を自ら閉ざしてしまっているのです。

メイクで美しくなるという前に自分の肌を知っておきましょう。
そして、「私はこうだから」という決めつけを取り除いてケアと向き合ってみましょう。
複雑に考えていたものが意外にシンプルに美しくなれることもあるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム