男女間も「切磋琢磨」で♪


男性が「飽き」を感じるメカニズムとは?

あれも欲しいこれも欲しい。
まるでコレクターのように何でも欲しがるのが男性と思ってください。

特に他人が持っているものが欲しくて欲しくてたまりません。
なので、いつも瞳と心を旅人のように放浪させています。

女性に対しても同じかもしれません。
つきあいはじめて間もない頃は、ベタベタして離れようとしません。
ですが、相手の女性がかなり自分寄りになってきたことを確認すると、安心してしまいます

つまり手に入れると安心し、それ以降の努力怠ってしまうのです
昔から「釣った魚に餌をやらない」とよく言われてます。

男性が安心してあぐらをかいてしまうと、女性は不安になります。
そして、ますます彼のほうばかりを見るようになります。
すると、男性は図に乗って、自然と目を別の方向へ向けるようになるのです

ちょっとしたすれ違いや喧嘩が起こるのはこういうときです。
女性は、そのときに「飽きられた」と錯覚してしまうのです
本当は飽きたのではなく、自分のものになった途端、安心してしまっただけです

img_2877isumi_tp_v

心の底では女性に対する気持ちは変わっていないので、慌てずに、大きく構えてください
ただし、現実に飽きることも多いと思います。
それは相手の女性のせいというわけではなく、男性の病気みたいなものです。

プラトニックな関係のときは、なかなか近寄れなくて気持ちだけが、さ迷っています。
しかし、一線を越えると征服したような気持ちになり、「冷めて」しまうのです。
一度冷めると、もとのように情熱的にはなれません。

けれども、お互いがいつも魅力的であれば、絶対「飽きる」ということはないと思います
いつも何か秘めている、まだ自分の知らない面がある、新たな発見がある
つまり、自分を磨いている人は、飽きられることはないのです

切磋琢磨という言葉がありますが、男女の仲もこれが理想的です
お互いに励ましあいながら向上していくのなら、飽きるということはありえません
つきあいはじめた頃より数年経っても、一緒にいて楽しいというのが理想的です。

短期間に全部見せてしまって、もう何も残っていなければ、当然飽きるでしょう。
飽きられないようにするには、それなりの努力が必要です。

kawamura20160818203014_tp_v

恋愛関係に限らず、チャットレディのお仕事にも当てはまることだと思います。
リピーターの会員様にも、新規の会員様にも「飽き」を感じさせないことが大事です。
マンネリ化の接客にならないよう、魅力をを小出しにしていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム