「誘いやすい」女性になる秘訣♪


誘いやすい女性になるために♪

現代の男性はとにかく恋愛やデートに対して消極的です。
そんな彼らに対して、女性としての魅力をアピールしても空振りに終わりがちです。

それよりも彼らが女性を誘うときに躊躇する要因を一つ一つ潰すことがポイントです。
そうして、「誘いやすい女性」になったほうが、次に続くチャンスに近づきます
男性が誘うのをためらう理由があります。

断れるかもしれない
まず最初の段階で働く心理が「せっかく誘っても断られるかもしれない」。
というものです。

「最近忙しいから」「あまりその気にならないから」...。
女性が断りそうな理由は様々です。
「最初から断られるくらいなら誘わないほうがまし」と思ってしまうのです。

ですから、いつでもヒマであること、遅めの時間からでも行動できること。
これらを常日頃から伝え「誘われたら断らない」姿勢をアピールしておくのは有効です。

手間がかかるかもしれない
次に「いざ誘おうか」というタイミングで、デートそのものに面倒くささを感じてしまう。
すると、そこでストップになります。

「おごらなきゃいけないかな」。
「こっちが店を選ぶの面倒だな」。
「「○○は食べられないって言ってたしな」...。

などと考え出すと、「ま、今回はやめとくか」と見送ることになります。
ワリカン派であること、食べ物に好ききらいがないこと。

こっちでお店を選んでもいいことなどをそれとなくアピールしておきましょう。
そうすると「手間のかからない女性」と思われるでしょう。

重たいかもしれない
ここまでハードルを下げても「でも、いきなりがっつりと好きになられたらどうしよう」。

「1回誘ったからって、付き合ってるとか思われたら困るなぁ」。
など、関係が急接近することを勝手に警戒する男性は多いものです。

そういう雰囲気を感じとったら、なんなら一対一じゃなくても平気...。
といったカジュアルなニュアンスを会話の中に折り込む
そうして、「重たくない女性」をアピールすることが重要です。

男性がふとヒマになったとき、「これから会える?」とメールが来る。
その気持ちを鈍らせないためにできることは、なんでもしましょう。
yuka0i9a1561_9_tp_v

これは「誘われればついて行く安い女性になろう」というのではありません。
男性の積極性に期待したり、誘われないことにイライラしたりすることはありません。

なにかと及び腰な男性心理を理解し、そのビビリ要因を丁寧に取り除くということです
いわば「親心」に近いものです。

2手

「え~、そこまでしないといけない?」と思うでしょう。
自分から誘わず、あくまでも「誘われる」のを待つということ
それには、これぐらいのきめ細やかな誘導が必要なのです

もちろん、チャットレディのお仕事は誘われるのを待つばかりではいけません。
「誘う」「誘われる」のバランスを上手く利用してお仕事に役立てていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム