「誘いにくい女性」になっていませんか!?


「誘いやすい女性「誘いにくい女性」

いわゆる「壁」をつくっている女性が意外に多いものです。
明らかに苦手なタイプを跳ね返すのは自由です。
「今は男性に興味がない」と思っているのか、慎重なのかどちらかかもしれません。

例えば、「今度、飲みに行かない?」と聞かれ、素直にうなずけない女性もいます。
おごってもらえるし、ラッキーだな」と思えばいいのです。
その素直さが男性は、可愛いと思うのです

「この人は下心があるんじゃない?」と考えていると、永久に彼はできないかもしれません。
誘いにくい女性」になってしまっては大損なのです

気楽に電話番号を聞けるタイプと、どうしても聞けないタイプの女性がいます
前者はノリのいい女性
後者は、いつも、思慮深く言葉を選ぶ女性です

例えば、ついでにコーヒーを入れてあげただけなのに「え?なんで」という顔をしてしまう。
男性は、ただの善意でしたことです。

普通に、「ありがとう」と反応すれば、何の問題もないのに、悩ましい顔をする女性。
男性は、「なんだ、この子。接しにくいな」と思い、そこで終わってしまいます
もっと隙をつくっていいのです

「ありがとう。また入れてね」と図々しく言ってみてもいいのです。
お返しに何かをしてもいいでしょう。
そういうノリが、交際範囲が広がるのです

かざぐるま

気軽に食事に誘われても「いいえ、いいです」と断ってしまう女性がいます。
二人でいるところを見られると恥ずかしい...。
一緒にお昼を食べ今度は夕食に誘われるとか、変に自意識過剰になりがちです

それ以前に、男性からの誘いは、すべて断る、と決めてしまっている女性もいます。
女性を気楽に誘う男性は信じられないと思っているのかもしれません。
これでは、なかなか彼はできないでしょう。

モテる女性には隙があります
もちろん、最後の一線はきちんとしていて、誘われたら大喜びします。

好きなタイプの男性が近づいてきたら、「チャンス!」と、自分から距離を縮めます
あたしは今、一人ですよ」という会話をつくることができるのです

プライドで彼氏がいないことがばれるのが恥ずかしいと思っていては話になりません。
プライドは仕事や女同士で発揮しましょう
恋にプライドは禁物です

3花びら

壁をつくっていては前に進めません。
今から目をつむって、身近な男性の顔と名前を浮かべてみましょう。

「この人に誘われたら、Yesと即答しよう」と心に決めておきましょう。
恋愛にも準備運動が必要なのです

恋愛を経験したことがないという、チャットレディさんもいるでしょう。
このお仕事を通して、準備運動をしてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム