「最高の自分」の演出法♪


気負わないおしゃれが一番のおしゃれ♪

女性にとって、オシャレをすることは気分を上げてくれる、方法のひとつです。
エステや美容院やネイルに行くなど様々な美容法に事欠きません。
自分の体や髪や爪をきれいに整えるのは自分に磨きがかかった気持ちにしてくれます。

オシャレで「自分にちょっとした変化をつける」
ですから、よくいわれる「髪を切ると気分が変わる」というのも、その理由です。

しかも、髪型の変化は自分だけではなく他の人の目にもつきやすくなります。
なので、「変化」が実感でき、さらにポジティブな方向へ持っていってくれます
女性にとっては心はリフレッシュし、心も体もきれいになるということです

ヘアスタイルを変えなくても、たとえばちょっとメガネを変えてみる。
ネイルの色を変えてみたり、そんな小さなオシャレでも、大丈夫です。

ネイル
大切なのは、自分が何かペースがつかめないときです。
とにかく「オシャレの力」を味方にすることです
ぜひ、オシャレを楽しみながら、気分をどんどん上げましょう。

実力を発揮できる服が究極の勝負服♪

着ていて心地いいもの、気分が上がるもの
それが、その人を一番美しく見せてくれるファッションです

しかし、「勝負服」という発想は、少し見直す点があると思います。
勝負服というのがもしも普段はめったに着ないようなもので、少しでも窮屈さを感じるでしょう。
そうであるならば「最高の自分を出せない服」ということになるからです。

「勝負服」という言葉は一度忘れてみましょう。
その時々で、「自分が一番が一番実力を発揮できる服」を見つけることです。

心地よくて、自分の気持ちを最高に安定させてくれるファッション
それを自分なりに見つけておきましょう
そうすれば、どんなときもでも、最高の自分を演出できるはずです。

また、翌日着る服は必ず前日に準備するよう心がけましょう
それも、いつも最高の自分を演出するポイントです

前日に準備すると、服装を選ぶときの「心の余裕」がまったく違います。
翌朝慌てないで済むので、すべてにおいて最高の自分を演出できるようになるはずです。

また、気分を高めるために、明るい色を着ることがあると思います。
本当に気持ちが落ちているときは、無理に明るい色を着る必要は、ありません。

たとえ暗い色でも、自分の気持ちにフィットした色を選ぶことをおすすめします
極端に変化をつけると心にも体にもかえって逆効果です。

ELL85_akiiroarenji20140730_TP_V
「今の自分は暗めの色のほうが気持ちにしっくりフィットする」。
そう思ったなら、素直にその色を選びましょう。

変化し続けることは、女性にとってはよい刺激になります。
その反面、行き詰ってしまうことも多々あることも確かです。
それがストレスになっては意味がありません。

だからこそ、力まずに自然体に近い気持ちで自分を磨いていきましょう
その方が、必ずあなたを美しいチャットレディに見せてくれます♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム