言葉の「さぼり癖」はありませんか?


言葉使いを見直してみよう♪

一般に「丁寧語」と呼ばれる言葉があります。
敬語まで堅苦しくないけど、相手に失礼にならないようにする言葉。
最低限の礼儀をわきまえた言葉です。

いわゆる「です.ます調」で語られる言葉です。
あるいは「お箸」や「お美しい」...etc。
これらは、名詞や形容詞に「お」をつけるのも、丁寧語のひとつです。

しかし、もうひとつの丁寧語があることを知っておきましましょう。
それは、文字通りの丁寧言葉、「さぼらない言葉」です

たとえば、親戚の家に行って、お茶を出されたとしましょう。
このとき、ただ「どうも」と言ってしまう人は多いのではないでしょうか?
これでは、まったく意味が通じません。
0I9A350615032140wakaranai_TP_V

本来なら「どうも、ありがとうございます」と言うべきです。
伝えなければならない「ありがとうございます」を、さぼってしまいがちです
これは非常に失礼な物言いだと思います。

もちろん、相手は「どうも」だけでも、あなたの気持ちを理解してくれるでしょう。
家族や親戚、お友達であれば、それほど失礼に感じることもないかもしれません。
しかし、これではあなたの脳が、うまく理解してくれないのです。

ちゃんと「ありがとうございますまで言葉にすれば、笑顔をつくることができるのです
それなのに、それをさぼってしまうから表情をうまく作れません。

こうして「どうも」の口癖が身についた人は、どんどん表情が乏しくなります
そして、表情美人から離れていってしまうのです

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V
また、身近な人だけでなく、目上の人に対しても注意点があります。
「先日はどうも」と言うだけで済ませてしまう人がいます。
一見すると問題ないように思われるかもしれません。

相手としては、「先日はどうも、ありがとうございました」なのか?
「先日はどうも、失礼しました」なのか、どちらとも判断がつきません。

やはり後半の肝心な部分をさぼった感じを受けてしまいます
伝えるべきことをしっかり伝えられなくなるのです

一般に、「どうも」という言葉は、小さな親切に対して使われることが多いようです。
食事をご馳走になるような、大きな親切に対しては「ありがとうございます」。
お茶を出してもらうくらいの小さな親切には「どうも」で済ましてしまいがちです。

感謝の言葉は、どんなときでも「ありがとう」です
「どうも」でもなければ「すみません」でもありません。

このような「さぼり言葉」を使わないように注意を払いたいものです。
いつも丁寧に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう

ありがとう

日常での言葉の使い方は大切です。
チャットレディのお仕事では、会員様にまた声をかけて頂くための重要なポイントになります。
ぜひ、丁寧に感謝を込めて「ありがとうございました」を励行しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム