サービス精神=明るさ&優しさ♪


明かるい表情は人に優しく出来る作用がある

サービス精神は、ファーストフードやファミレスで働く人たちだけのものではありません。
サービス精神とは「私にお手伝いできることはないかしら
という、人に対する思いやりの心を持つことです。

その心を皆が持っていれば、世の中はもっと住みやすくなるはずです。
世の中全体がよくなれば、そこに住んでいる自分自身ももっと幸福になれます。
いわば、サービス精神のある人とは、周囲の人たちにとって気持ちのいい存在なのです。

気持ちのいい存在とは具体的にはどんな人でしょう。
日常浮かべている表情が明るいか、暗いかということです。
当然、いつも表情の明るい人が、気持ちのいい存在です。

自分が気持ちのよい存在でいたいと思うならば...。
明るい自分が「いつもの自分」になるように意識をすることです。

意識して明るい自分をつくるには
●常に笑顔で、姿勢を正している自分を思い描く。
●それに自分が当てはまるよう、自分自身を改善していく。

その為に欠かせないのは、鏡を使って表情や姿勢を確認することです。
どうすれば明るい雰囲気を演出できるかを訓練することです。

明るい表情を浮かべようと意識していると、気持ちが自然に明るくなります。
そして、気持ちが浮き立ってくると、心に余裕ができます。
したがって、周りの人にも気をくばることができるようになります。

いつもにこやかに、そして人を思いやれる余裕のある人
そういう人こそがサービス精神の持ち主であり、人を幸せにできる人です。
結果、誰からも好感を持たれるのです。

サービス精神が欠如している人は、自分自身が人からぞんざいに扱われても仕方がありません。
サービスというと、人に尽くしてばかりで、自分は何の得にもならないと受け取る人がいます。
決してそんなことではありません。

人にサービスすることは、めぐりめぐって自分にサービスをすることです。
自分が人からよく思われたいなら、まず、自分が人を思いやることです。
この順序が逆になることはあり得ないのです。

人を思いやる気持ちの中に、自分自身の幸福のタネは宿っているのです。
様々なお客様に接していると、自分が意図的ではなくても不快にさせてしまうこともあります。
そこで「自分には性が合わない」と諦めてしまったら、お仕事が詰まらなくなります。

そんな時こそ、その時の自分を振り返ってみましょう。
「あの態度がいけなかった?」
「あの言葉が不快にさせた?」

自分がお客様の立場になって、ひとり反省会を開催してみてはいかがでしょうか。
サービスは仕事だけとは、限りません。

身近な人へのサービス精神を忘れていなければ、明るい=優しさがある女性ということです♪
さて?今のあなたはいかがですか?


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム