「理想の相手」の選び方♪


強い男性と美しい女性がモテる理由

人間はしょせんは動物であり、優れた遺伝子を残したいという本能を持っています。
かつて、女性にとっての男性の魅力は、肉体的強さや社会的な強さでした。

子孫がたくましく生き抜いていくためには、強い男性と結婚することが決め手でした。
一方、男性は、美しい女性と結婚したほうが有利だと考えました。

生まれてくる子供が女の子だった場合。
母親に似て美しければ、よい配偶者に恵まれ、よい子孫を残すことができる。
そう考えられたからです。

それに加えて、男性は、女性に精神的な強さも求めました。
夫が家を離れている間、母親は一人で子供を育てなければいけません。

ならば、健康で、肉体的に強く、体力があったほうが、家庭や子供を守る。
それに適していると考えたからです。
男女とも、こうした考え方はいまでも根強く残っているようです。

たとえば、女性は肉体的に強い男性が好きな傾向があります。
日焼けして健康的なスポーツマンタイプはいつの時代でもモテます。
頼もしく見えることは間違いないのです。

dansei

一方、男性も容姿の優れた女性を選びたがります
ただし、最近は、美しい女性より、かわいい女性を好む傾向が強いようです

ある調査によると、妻となる女性に求める条件はとは、次の四つだそうです。
①優しさ、②素直さ、③明るさ、④協調性

最近、男性の間では、筋肉質のたくましい女性に人気が集まっているとか。
過去には、スタローンに代表されるマッチョタイプは、男性らしさの象徴でした。
それがいまやマッチョな女性が脚光を浴び始めています。

こうした傾向は、何も海外だけのことだけではありません。
日本の男性でも、若い時代になるにつれ。
「スポーツウーマンタイプは、強そうでカッコいい!」と思う人が増えているといいます。
PAK75_borudaringukabe_TP_V
こうした傾向には、男性と女性の役割が接近しつつあることが背景にあります。
性には生物的な要因だけでなく、社会.心理.行動面から見た性もあります。
これを心理学では「ジェンダー」と呼ぶそうです。

「男らしく」「女らしく」の境が、最近ではあいまいになりつつあります
家庭では父親の存在感が希薄になり、野生的なタイプの男性も減ってきました。
ピアスをし、髪を伸ばし、化粧をして歩く若い男性も珍しくない時代です。

果たして、男性が弱くなったのか、女性が強くなったのか?
いずれにしても、古くからの「男らしさ」「女らしさ」に沿った生活にメリット。
それがあまり感じられなくなれば、両者の境もっとあいまいになっていくに違いありません。

光ブルー、
理想の結婚相手とは、女性なら強い男性、男性なら美しい女性
つまり、子孫を残すのに有利かどうかだけなのです
理想の相手、それは「優れた遺伝子」を持った人ということになるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム