人を「理解する力」をつけよう♪


「いいところ」を探せる女性になろう♪

ある女性は相手のいいところを見つける名人です。
反対に彼女の友だちは、細かいことにとてもうるさいタイプです。
この彼女については、他の友だちと集まったときに決まって悪口がでます。

そんなときでも、その女性は「A子はA子なりに私たちに気を遣ってくれてのよ」。
このように彼女だけが知る情報をそれとなく告げるのです。

誰にでもいいところがある
なるべくその人のいいところを見ようとする

すると、相手があなたに対して心を開いてくれます
逆の場合は、相手はあなたに対して心を閉ざしてしまうでしょう。
相手のいいところを見抜くというのは、理解者になるということです

人は誰でも自分を理解してもらいたいと願っています。
ところが現実には誤解が生じて、人間関係にトラブルが発生します。

自分をわかってもらいたい。
人はそう口に出さなくても、内心ではそう思っているのです

YUKA8451_745_TP_V
たしかに自分から人にわかってもらうことも必要です。
ですが、それには限界があります。
そこで誰か理解者を見つけたくなります。

理解者がいることが、心の支えになります
人を理解するのと援助するのとは違います。
理解というのは精神的なものが中心です

理解された人は、あの人が自分を理解してくれていると思うだけで元気が出ます
励まされるのです

理解していることを相手に具体的にわからせるにはどうすればいいのか?
それは簡単です。

相手のいいところを、教えてあげるのです
言葉でいわないとわかりません

そんなふうに口でいうのはお世辞をいっているようで嫌だ。
こういう人は相手の気持ちがわかっていません。
以心伝心など、もはや通用しないのです。
fumei

相手のいいところをわかるためには、相手と会話しなければなりません
別に恋人同士のように緊密に付き合う必要はありません。

中にはそれほど会話しなくても、相手のことがわかる人もいます。
人間関係の得意な人がそうです。
先入観を持たずに相手を観察すれば、可能です

気の強い人なのか、おっとりした人なのか、せっかちなのか、大人しい人なのか...。
では、その人のよさはどこでわかるのでしょうか?

よさというものは最初からそこにあるのではないのです。
あなたが相手の個性や性格の特徴をいい方向に理解するとき、良さが生まれるのです
その人のいい所というのは、本人以外の誰かが新しく見つけるものだといってもいいのです

気が強いのがよくて、おっとりしているのが悪い。
反対に気が強いのは悪くて、おっとりしているのがいい。
そんなふうにどちらか一方がよくて一方が悪いと考えないことです。

気の強さは積極性に通じます
おっとりした性格は、人間関係にゆとりをもたらします
それぞれのよさがあるのです。

それが理解者の役目です
そうすると、相手の人に自信をつけさせることもできます

TSU856_kawamuraageru_TP_V
このように、理解者は相手から感謝されます
相手にとっても必要な人なのです。
理解者になってあげる相手は、誰でもかまいません

家族、友だち、恋人、職場の仲間。
チャットレディさんがお相手しているお客様...誰もが理解者を求めています。

あら探しの名人になるよりも、いいところ探しの名人になりましょう。
そのほうが人間関係に恵まれた日々を送れるようになるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム