「リアクション」で印象を残す♪


笑いや驚きが、印象に残る♪

どんな話でも言い切ることです。
言い切らないと笑えません。

丁寧に言おうとしすぎると、言い切らない言いまわしになります。
言い切ることが大切です。

笑いでなくても、聞き手が驚いてウケるネタもあります。
「わぉ」「えっ」「おー」と驚かせ、「あはは」と笑わせればいいのです
自分の話にそういうリアクションが来ると、印象に残ります

それだけではなく、会話のプレゼントとして相手を元気にできます。
そこに運気を起こせるのです。

失敗するのは、いきなりいい話をしようとするからです。
話がうまい人は、冒頭に笑いから入ります

それは、ビジネスのプレゼント用の話でもかまいません。
何かいい話を1つ言おうと思うなら、それでもいいのです。
小花

笑ったあとで、いい話をされると印象に残ります
「あはは」「わぉ」がない状態からいい話をすると、それはただの説教になります。

年配の人の話が説教っぽく聞こえるのは、最初に「あはは」「わぉ」がないからです。
「あはは」や「わぉ」のあとにいい話が来ると、「なるほど」と思います。

話すネタを笑いで挟んでおかないと、どんなにいい話でも「だから何?」と言われます。
言っていることは同じです。
最初に笑いや驚きがないと、印象に残らないのです

「驚かせるようなネタが、見つからないんですけど」という人もいます。
驚かせようとする前に、まず自分が相手の話に、驚ければいいのです。
驚くことは、驚かせるより、さらに魅力的です

DI_IMG_5783-thumb-815xauto-17876

かしこまらずに、ナチュラルに♪

「さぁ、これからお話をさせていただきます」という姿勢の強い人がいます。
会話力がある人は、ナチュラルに話しています

話す時にあまりかしこまりすぎていると、相手もかしこまらせてしまいます。
「さっきこんなことがあって...」と、友達同士で話している感じでいいのです。
そうすると、その話し方で相手との距離感が小さくなります

聞いている人も、話している相手に向かって笑ってあげることです。
後ろで話している人には、後ろを向いて「あはは」と笑ってあげます。
話している人を見ながら、ナチュラルに聞けばいいのです

いざ笑顔をつくろうと思っても、急にはできません。
まず、自分の素の顔が、つい暗い顔に転んでいると気づくことです。

人の話を一生懸命聞いていると、顔が暗くなってくる人がいます。
話している側は、暗い顔で聞いている人の目をどうしてもよけたくなります。
不機嫌なのか、面白くないのかなと思います。
DI_IMG_5788500_TP_V

受付に2人いる時は、美人かどうかではなく、話しかけやすいほうに行きます。
チャットレディさんも、待機中の時が、受付のときと考えましょう。

いつもニコニコしているからといって、別にふまじめではありません。
普段から笑顔を素の顔にしておくことが大切です


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム