会話を続けるには「連想ゲーム」を使おう


チャットレディのお仕事中、ネタにつきてしまうこともあると思います。
テレビやニュースをあまり見ない人だと、得に困ってしまいますよね。

そこで、今回は、相手が言った言葉からネタを生んでしまおう作戦です!
これは本当におすすめですので、是非使ってみてください!

実はアナウンサーも使ってる!?

実は、テレビではアナウンサーなどがナチュラルに使ってる方法なんです。

例えば、スポーツの実況の番組。
ここでは野球を例に出しましょう。

スポーツの実況中継は目の前に起きていることを伝える「即時描写」の一面があるとともに、「会話」の一面もあります。
この「会話」とはアナウンサーと解説者、さらにテレビの向こうの視聴者との会話です。

具体的には中継の中でペラペラとしゃべっている一方で、「試合に得に動きがない」場合には会話をしているのです。

解説者との会話には、「◯◯選手はどうですか?」や、「今日のこのスタジアムはたくさんのお客さんが集まっていますね!」などという風な感じです。

このスポーツ中継のの様子は実はあなたの日常での会話にも使えるテクニックが隠されているんです。

簡単に言うと、それは「連想ゲーム」です。

例えば・・・

自分「昨日友達と映画を見に行ったんですけど、洋画のホラーは好きなんですが邦画だったからすごい怖かった~」

お客さん「あーわかるわかる、俺も邦画のホラーは苦手かな~」

自分「あ、苦手といえば、私辛いものも苦手なんですよ~◯◯さんは辛いものは平気ですか?」

いかがでしょうか?

邦画のホラーは苦手→苦手と言えば辛いもの・・・と連想しています。

もっともっと連想させてみましょう

辛いものと言えばカレー→カレーといえばインド(海外や旅行の話)

こんな感じでネタはどんどん溢れてきます。

話のネタがなくなっちゃった、どうしよう・・・
そんな時はお客さんが言ったことの中からネタをピックアップして連想させていきましょう!

ステップ1 相手の話を聞く。→ここから連想できる言葉をインプットします。
ステップ2 インプットした言葉から連想する話を振る→これの具体例は上の例ですね。
ステップ3 さらに話が広がるので、ステップ1を行う。
ステップ4 連想の答えを言わず、相手に質問して相手に答えさせる。

以上が「連想ゲーム会話術」のステップです。
こうして見ると、こちらから仕掛けることは簡単です。
「連想」という軸を基に、話をするか、相手に振るか。

是非、今日から連想ゲーム会話術をやってみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム