男女が考える「らしさ」とは!?


男性と女性が考える「らしさ」とは!?

男は男であることから逃げたい...という話があります。
というのも、女性から過大な期待をかけられても、それに応える自信がない。
この理由を見ても男性から「男らしさ」が失われつつあります。

男性と女性は「らしさ」というものを、親に受け継いでいるといわれます
かりに父親が乱暴であれば、男の子も次第に乱暴になります。
それは、幼い頃、父親の姿を真似しようと思い、それが「刷り込み」になっていくからです。

女の子も母親が上品で優美であれば、それを「女らしさ」と思い込んでいくものです。
ところが、時代とともにらしさ」が変わっていく現在

父親世代がすでに女性化傾向にあったため、いまでは男らしさの中に、強さ。
そして、雄々しさとともに、優美さが加わってきていることは間違いありません

しかし女性は、依然として男性には、家族を率いるオスのリーダーシップを求めています。
いわば「性役割で期待」をしているのです。

あなたは男でしょう。男らしくしなさいよ」と「強い性」であることを、当然としています。
しかし現実の男性は、男らしさの影が薄れ、女々しさの方が目立ってきました
MOK_kyouheiamekasa-thumb-autox600-13633

とはいえ、オスのリーダーシップを忘れていながら、支配力だけは持っていたい。
そんな男性が激増しています。
男らしさと女らしさは時代とともに変わるものです。

「大学生が異性に求める魅力」という調査の結果。
明朗、女らしさ、家庭的、親切、好感、優しさ、飾り気のなさ」という答えが出ました。
これを見ると、ややさっぱり型の女性像が浮かびあがります。

もう少し年齢が上の男性では、しっとり型の女性像を求めているかもしれません。
ということは、女性自身が、つき合う年齢によって異なる魅力を出していく
その方がトクということでしょう

ひと昔前までは男女ともに次に生まれてくるなら男がいいという意見が少なくありませんでした。
近頃は、美しく装える、贅沢ができる女のよろこび、食事をつくらない、掃除、洗濯もラク。
といった「性役割の減少」で、男性たちまで「女に生まれたい」と希望するようになっています。

また、男性は結婚することで「女性を自分のものにした」と考えます。
女性はたとえ結婚しても「一人の男のもちものにはならない」と、自信を持っています。
PA151026164012-thumb-815xauto-19762

最近では三十代の最後まで、女性の美しさは高原状態のまま継続すると言われてます。
美しさの魅力があるうちは、男性が考える都合のいい女にはなり得ないのです。

らしさ」という固定概念が薄れていく中でも、「自分らしさ」は変わらないものです。
特上の魅力を「自分らしさ」として維持していきたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム