相手に「楽」を与える方法♪


「良い姿勢」が必ずしもいい印象を与える!?

日頃、あまりに姿勢が良くないとそれだけで悪い印象になるのは確かです。
しかし残念なことに良い姿勢だから愛されるということはありません。
姿勢を保つことばかり考えていては、一緒にいる時間は楽しめません

気楽にちょっぴり楽しめたなら最高です。
決して良い姿勢を保つことに縛られてはいけないのです。

良い姿勢を保とうとする理由は、良い印象を与えるためです。
でも良い姿勢から与えるイメージは、「優秀で、まじめ、硬い、親しみにくい」。
このように良いイメージばかりというわけではありません。

特に優秀やまじめという印象だけで、憧れられる人になるかもしれません。
しかし、どうしても仲良くなりたいと思われるような存在にはなりません。

むしろ身近にそういう人がいたとします。
ちょっと面倒な、関わりたくない存在と思われてしまうことがあるほどです。

TC160130090I9A6530_TP_V
初対面のときに、きちっとした印象を与えるのはとてもいいことだと思います
でも時間がたったり、会う回数が増える
それとともに、少しずつ印象をやわらかくしていくことを心がけてください

「適当」にすると、相手も楽になれる

相手の人が、あなたと同じように良い姿勢を保っているなと感じたとき。
特にしっかり相手の様子を見ていてください

初対面だとしましょう。
きちんとしてくれることで、あなたとちゃんと向き合って関わる姿勢が感じられます。
それはとてもうれしいことです。

けれど、姿勢を保つことに一生懸命になりすぎているかもしれません。
本当はちょっと疲れていたり、崩したいと思っているかもしれないのです。

相手の表情を見てください
リラックスしていると思いますか?

何度も座り変えたり、汗をかいたりしていませんか?
あなたとのやりとりに集中できていないように感じたとき。
どこか無理をしているのかもしれません。

無理をしているようなら、あなたから「適当」を心がけましょう。
あなたを見て、相手の人も適当にしやすくなります。

「緊張して、疲れちゃいました(笑)」
こんなやりとりから話しやすくなることもあります。

また最初から良い姿勢といえない人の場合は、あなたも少し力を抜いてください。
無理して背筋をピンとすることも必要ありません。
相手に合わせて、少しずつ変化させることもマナーの一つです

YUKA863_uresiina15202157-thumb-815xauto-18745
マニュアル通りに行動しようとしないで、自分がストレスを感じない程度に、適当も必要なのです
あなたが楽なほうを選ぶことで、一緒にいる人も楽にさせてあげる方法です
「適当」にすれば、どんな相手との時間もそれほど苦痛に感じることはなくなります。

「適当」とは【適切かつ妥当】という意味です。
決していい加減に扱うということだけに使われるものではありません。
そこをしっかり踏まえてチャットレディのお仕事に活用してくださいね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム