「ラフな女性」が永く愛される♪


女扱いされなくても怒らない女性のメリット♪

男性は基本的に「気ままな生き物」です。
自分が女扱いしたいときは、ベタベタに女扱いするものです。
時に男性はこのようなアクションを「自分のために」にやっていることがあります。

尽くしたり、相手を女性扱いする行動。
それは、「目の前の女性を大切にする自分」を自覚させます。
そして、本格的な恋愛状態に自分を高めていっているのです。

そして奉仕させてくれた女性に対してますます愛情を注ぎます
それが、自分自身を彼としてのカテゴライズしていくのです。
しかし、この「女扱い」は年がら年中、ましてや一生続くようなものではありません

ときどき男性は電池が切れたように、この「女扱い」をやめてしまうことがあります。
「ふ~っ、疲れた。そろそろ普通に扱ってもいいかな」
そして気を抜いた瞬間に「冷めたの?」「最近やさしくない」と女性は言います。
TAKEBE160224110I9A0365_TP_V

これが男性を憤慨させます。
もちろん彼としても「冷たくしたつもり」はありません。
いつも男友達に接するようにラフに接しただけなのです

ここでその女性からの文句が発端でケンカになり「すれ違い」が発生します。
するとどうでしょう?
男性の態度は一気に豹変し、今度は煙たく思ってしまうのです。

ここで大切なこと。
それは男性が女性を「女扱いする時間は毎日ではない」ということです
必ず悪気なく「ラフな扱いになるときがある」ということです。

気持ちが冷めたわけでもなく、怒っているわけではありません
ただ「気を抜いただけ」なのです。

こんな男性の「脱力時」にも気分を害しない、スネない不安にならない
そして男的な扱いを受けてもへっちゃらな女性
男性がずっと自然体でいっしょにいたいと思う女性とはまさにそんな女性です

YUKA863_kaugirl15175149-thumb-autox1600-22039
「この女性はずっと女扱いしないとダメなのか?」
「それともほどほど、時と場合によればいいのか?」
それはまだ友達同士の段階からなんとなく予測がつきます。

ふとしたときに「女として扱ってよ!」といったアクションを見せる女性。
そんな女性は、ほぼ「女扱い」を望む子と判断されます。

「みんなで楽しんでるんだから女も男もないのよ!」的なたくましいスタンスの女性。
そんな女性は、交際したあとも、「女扱いはそこそこでOK!」。
「あとは人間対人間で付き合おう!」といったスタンスが予測できます。

どちらのほうが男性から人気なのか一目瞭然です。
ほどほどの女らしさと1人の人間としてのたくましさ」。
この2つをバランスよくパフォーマンスしておくことをオススメします♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム