「プラス思考」こそ成長の糧♪


羨ましいと思えるときの心がけ

ふとしたときに、人を羨ましがる。
そして、嫉妬してしまう自分に気づくことはありませんか?
羨みや嫉妬に振り回されずに大らかな心を持つにはどうすればいいのでしょう。

これまでは羨望や嫉妬などは、マイナスのイメージだけ強調されてきました。
この気持ちを考え方の転換でプラスにしてみるのです
ふだんには出ないとてつもないエネルギーが出るものなのです
souzou

今のままでは到底かなわない相手でも、負けないように自分に磨きをかける
仕事や勉強に打ち込んだりできたならば、相手に勝つことができます。
その上、自分を高めることもできるのです

それはまぎれもなく、嫉妬や羨望の気持ちをプラスの方向に変えている例です
それとは逆に、ライバルを引きずりおろそうとする。
悪口を言いふらしたりするような言動は、マイナス思考といわざるをえません。

マイナス思考の持ち主は、自分の嫉妬や羨望に気づいていません。
自分を振り返ることをしないで、相手ばかりを非難しがちです
自分と同じ高さまで引きずりおろして安心を得ようとするのです。

「あの人がきれいなのは、お金持ちの家に生まれ、苦労知らずなだけよ」。
「あの人が成功したのは、誰にでもいい子ぶってるからよ」。
いろいろ考えては心の憂さを晴らしているのです。
012KAZUKIHIRO171011_TP_V4
思っているだけならまだいいのです。
思い続けると自分の考えたことが本当のように思えてきたりするから怖いのです。
これを、他人にまことしなやかに話してしまったりすると、もう笑い事にはなりません。

これでは、本人になんの成長や躍進も期待できません
泥沼に陥るだけです。

成功者や偉人の伝記を読む機会をつくってみてください
不遇な生い立ちだったり、大きなコンプレックスを抱えていた
そういうことが大変多いことに気づきます

もしも、ライバルがあまりに大きな存在で、自分が今のままではかないそうもない。
そういう、マイナスの言動に走りそうになったとき。
ぜひ成功者たちの伝記を読んでみてください。

自分の羨望や嫉妬に気づくことができた
それはプラス思考で自分を躍進させるチャンスは、すぐ近くまできています

何かを一生懸命やって成功した体験を思い出してみましょう。
嫉妬のエネルギーを自分磨きへの大きな力に変えてみればいいのです
プラス思考は人を成長させるのです

hon2
女性には嫉妬がつきものです。
ただそれだけに固執せずに、それを超えてやろうという向上心がプラス思考です。
ぜひプラスのパワーをバネに今以上に美しいチャットレディさんになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム