メイクが持つ「プラス効果」♪


なぜメイクをするの?

「もういい年だから、化粧してキレイになる必要なんてないのよ」。
たまにそんな声を耳にします。
はたして、そうなのでしょうか?

化粧の意味を「外見を取り繕う」「男性に媚を売る」というイメージで捉えてしまう。
そうなると、結婚もして子供もいる女性に、メイクなど不要なのかもしれません。
でも、メイクの持つ意味は、根本的な部分にあると思います
skincareIMGL8000_TP_V

人は、年を重ねると、だんだんパワーがなくなってきます。
自分の容姿がパッとしなくなってきたなぁと感じたらなおさらのことです。
容姿に自信が持てなくなると、世の中をまっすぐみられなくなるものです。

けっして表面上の「キレイ」を求めようというものではありません
イキイキと若々しい顔は自分自身を元気にしてくれます
元気や活力がみなぎってくると、周囲も明るくなります

YUKAPAKU3282_TP_V
自分自身も快適、他人から見ても気持ちいい...。
そんな状況を作り出すためのメイクです
だからこそ、本当の意味で化粧が必要になるのは、三十近くなってからだと思います。

最近イライラして困るという人。
毎日が楽しくないという人。

試しにきちんとメイクしてみてください
気分がグッと変わってくるはずです
TSU_kakurenbo_TP_V
たとえば、コンビ二で、店員さんに今まで声をかけてもらわなかった。
しかし、メイクをしているとき、「いつも来てくださいますよね」。
こう、ひと声かけてもらえるようになった。

それだけのことでも、気分はガラリと変わります。
優しく扱われると嬉しくてニコニコしてしまうし、人にも優しくなれます

心に余裕ができて、身なりにも気を使うエネルギーがわいてくるのです
身なりに気を使うと、ますます周囲がやさしくなり、自分も生きやすくなります。
若く見られたり、キレイとほめられることは女性にとっての「栄養」です

パソコンなどの技術を身に付けるのと同じです。
メイクも自分のものにしてしまえば立派な財産です
一生、自分を輝かせてくれる道具として活躍してくれるのです

ただし、やらないと、とたんに忘れてしまいのもメイクです。
自分の気に入った顔がわからなくなり、面倒くさいものになります。

なので、とにかく実践あるのみです。
メイクもうまいヘタがあります。
ですが、やればやるほど、身についてくるものでもあります。
yuka522041_TP_V
メイク教室に、定期的に参加するのもいいでしょう。
メイクを習おうという前向きな姿勢が、本当のキレイを運んできてくれるのです
チャットレデイさんも時にはプロのメイク術を学んでみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム