「プラス」になれる関係性♪


「嫌われる」ことを怖がらない

男性は追いかけたら逃げるものです
なのに、女性は相手を好きになると、どうしても追いかけようとしてしまいます
それによって男性はますます逃げたくなります。

だからさらに不安になってつなぎとめようとする...。
というパターンに陥りがちです。
自分から男性を追いかけている女性はほとんどがそうなのです。

彼が離れていってしまうかもしれないという不安。
その不安からつねに彼の顔色をうかがって、彼から嫌われないように...。
ということばかりを気にかけながらつきあうようになってしまいます。
kawamurayukaIMGL0435_TP_V

「嫌われないようにつきあう」ということは、ふられる可能性をつねに意識している
ということです

その時点ですでにネガティブな想像にとらわれてしまって、健全ではありません。
相手にばかり合わせるつき合い方をしていると、二人の関係はおかしくなってしまいます

たとえば、まだつきあい始めの頃は男性のテンションも高いものです。
次の週末に会う約束をしていても、早く会いたいからといきなり誘ってくることもあります。

女性にとっては、彼の自分に対する執着が感じられます。
なので、急な誘いもむしろうれしい気がするものです。
ですが、そこで彼に誘われるまま、次の日に会うのはよくありません。

予定があると理由をつけてでもその誘いは断りましょう
当初から約束していたとおり、週末に会うようにするべきです

なし崩しに会ってしまったら、彼はあなたが自分の言いなりになる女性だと判断します。
一度男性の勝手な部分に合わせてしまうと、そこから関係が崩れていくのです。
いつでも会えると油断させるのではなく、会いたいと思わせるようにしなければいけません
paku150710540650_tp_v

恋愛はそれによって必ずお互いがプラスを得られるものであるべきです
自分や相手にとって、なにかマイナスが生じるようであれば長続きは望めません。

少しでも長く会っていたい気持ちがあっても、それに流されないことです。
事情によってはきちんと早く切り上げるようにしましょう。
そのほうが、結果としてお互いにとってプラスになるのです

帰るときは寂しくて物足りない気持ちになるかもしれません。
ですが、「また会えるんだから、今日は帰ろうね」と言えるのが、理想的な関係です

2%e7%94%b7%e5%a5%b3
そうやってお互いを思いやりながら、お互いにとってのプラスをひとつずつ積み上げていく。
そのプラスの集積がある程度のラインを超えたときに到達するのが嬉しい結末を迎えるのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム