真の「ポジティブ」女子になろう♪


失敗を次のステップと受け取ろう♪

きれいになろうとするとき、ダイエットに取り組むとき。
素直で前向きな人たちはほぼ必ず結果が出すことができます。
そのほかのこと、恋愛や仕事などもうまくいく場合が多いようです。

ただひとつ注意しておきたいことがあります。
「ポジティブ」の捉え方について誤解している人が多いということです。

たとえば、打ち合わせ中にテーブルにあった水の入ったあなたのグラス。
それを誰かが倒してしまい、あなたの洋服や物が濡れたとします。

恐縮している相手を前に、「大丈夫ですよ~」と洋服を拭いて、最悪、新しいものを買えばいい。
そう捉えてその場をさっさと収める。

これをポジティブだと考える人が多いものです。
それは本当のポジティブではありません

確かに、起こってしまったことはもう仕方のないことです。
それを引きずっていても時間がもったいないだけ、というのは事実です。
あなたの対応は、この場の目的である打ち合わせを重視する【大人】な態度ではあります。

では、本当のポジティブというのは、どういうことでしょう
水がここにあったからこぼれたんだな、じゃあ少し離れたあたりにおこう」。
このように、同じミスをしないように行動するということなのです

心を広いということとポジティブであるということの違いがここにあります
いくら心が広くても、同じミスを何度もしていては前に進めません。
本当のポジティブになるためには、同じミスを繰り返さないように行動することが大切です

PAK51_glasswomawarumizusibuki_TP_V
今の例がわかりにくければ、恋愛や仕事でのそのほかのシーンに置き換えて考えてみてください。
トラブルが起こった際、場を収めること重視の姿勢で対応する。
すると、事後の処理能力は上がっても、また同じことが繰り返されるかもしれません。

特に恋愛ではそうです。
同じタイプの男性を相手に、同じような理由で同じような別れ方をした...。
こういう経験のある人もいるのではないでしょうか。

最初から、別れることを前提に付き合い始める人はいません。
その原因について、事実を直視しじっくり考えることはつらいものです。

しかし、水をこぼしても大丈夫と事を丸く収めることをポジティブと捉えることではありません。
どうすれば今度はこぼさないようにするかと考えることが大切です
uhgyftdrsed_TP_V

重要なのは失敗したことから何を学ぶべきかを考えて次につなげるということです
本当のポジティブは失敗を成功に変える力を持つことです

でも、偽のポジティブは、失敗をまた繰り返してしまいます。
失敗をしても、それを次へ、次へとつなげていくことで、いい出会いにつながるのです

ペンダント
仕事がうまくいかないのであれば、それはどうしてか?
うまくいかせるためにはどうすればいいのか?
この仕事から自分が学んだことは?

正しく前向きな姿勢で、お仕事に恋愛に向き合っていきましょう。
初めてチャットレディに挑戦する方も、失敗を恐れないでください。
「本当のポジティブ」は失敗から成功を呼ぶということなのですから♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム