「お茶目」は人気者になれる♪


「いたずら好き」な女性のかわいらしさ♪

ものまねが上手な芸人さんがいます。
お茶目の見本のような人です。

彼女の発想の原点は、ほかの人をまねてやろう。
というよりは、お茶目なことをしてやろうというところにあります。
お茶目とは、ふざけたりいたずらをしたりすることです。

その芸人さんのものまねは、本物にいかに似ているか
それよりも、いかにいたずらっぽいか、いかにふざけているか
そこにおもしろさがあります

学生のときにはお茶目なところがあった人も、大人になるとなくなってしまいます。
お茶目は子供のときだけでいい...。

そういう、暗黙の了解のようなものがあるかもしれません。
けれども、決してそうでなければいけないということはないと思います。

大人にもお茶目なところがあってもいいのではないでしょうか
大人がつくったものでも、お茶目を感じさせるものがあります。
お茶目な人というのは、いたずらっぽいしかけをする人のことです

そのしかけをみんなが楽しんで笑ってくれれば、本人は満足なのです。
大人の表情と子供の表情の最大の違い
それは、いたずらっぽさが感じられるかどうかです

TSU875_chu_TP_V
大人はどうしてああ深刻な顔をしているのでしょうか?
子供に「どうして、そんな顔をしているの?」と聞かれたとき。
きっとこう答えるはずです。

「大人は生活費を稼がなければならないからだよ」。
「子供みたいに遊んでいられないんだ」と。

それもたしかに正解のひとつです。
ですが、かつては自分にもお茶目なところがあったこと
それを忘れてほしくないと思うのです

そして、それが「かつては」だけではなく今もあっていいのだといいたいのです。
人生を楽しむという姿勢をなくしたら、毎日が実に味気のないものになってしまいます
お茶目というのは日常的な場面でのものです
SMIMGL3959_TP_V

いたずらっぽい女性は、貴重な存在です。
現実にはなかなかそういう人がいないので、人気者になるのは間違いありません。
ひとつのキャラクターとしても、充分適用します。

お茶目な人は、みんなを楽しくさせます
人間関係を円滑にします

真面目な人たちが忘れている笑いを提供するのです
それも、爆笑ではなく微笑を
お茶目には、センスが要求されます。

また、お茶目にはかわいさが求められます。
皮肉たっぷりのユーモアは、お茶目にはなりません。
どこかとぼけたところが必要です。

158A8199_TP_V
チャットレディさんも、お茶目のセンスを磨いてみませんか?
人気者になること間違いなしです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム