際立つ「男前」女性♪


女らしさと男らしさをほどよくブレンドする♪

いつも明るく頼りがいがあり、おおらかな包容力と困難に負けない強さ
それを持ち合わせた女性が現代のモテ女性です

ですが、そういった「男前オーラ」をどこまでも高めて完全にオス化すればいい。
というと、そういうものでもありません。

いくらモテるためとはいえ、「かわいいものやキレイなものが好きな自分」。
「甘えたくなる気持ち」といった、「女性キャラ」をすべて捨てるわけにはいかないはず。
むしろそれらは男性が求める「かわいらしさ」につながる要素ですから、大事なものです。

あなたの「女らしさ」と「男らしさ」を、無理にどちらかに矯正するのではありません。
むしろうまく出し入れしながら響き合わせることが重要です

同じく二面性を持つイマドキ男性に向けて、どの順番でどれぐらいの配分で見せるのか。
それが、次へつながるための最大のカギとなります。

ついやってしまいがちなNG配合が「じつは女性な男前」。
ファーストコンタクトでは緊張も手伝って、冷静さやタフさだけが前面に出てしまいます。

ファッションやメイクに関しても照れがあったり経験不足。
それが、色っぽさに欠ける結果になります。
このように「男っぽさ」を先に印象づけてしまうとなかなか挽回は難しくなります

YUKA20160818015914_TP_V

それでも、なんとか気に入ってもらえたら、今度は一転して素の自分を見せ出す。
たとえば、料理や編み物など女性らしい趣味を話したり、少女のような面を見せる。

こういうギャップは、なぜかイマドキの男性に受け入れられずらいのです。
「重たい」「イメージが違う」という、悪印象につながってしまうようです。

理想的なのはその逆で、「じつは男前な女性」。
ファーストコンタクトでは、照れたりさめたりしないで、自分の中の女性を解放します。

明るくノリよくケラケラと笑い、ファッションやメイクもコスプレ感覚でかわいらしく装う。
女性的な趣味も早めにカミングアウトすることです
こうすると「一緒にいて楽しい」という好評価につながります。

冷静なところや芯の強さ、動じない強さや包容力などいわば「男前」をアピールします
将来の夢や人生で大事にしている価値観などを語ってもいいでしょう。

こうして「雰囲気は明るくかわいい女性」→「内面は大人でしっかりしてる」。
究極のモテ配合=「肝っ玉乙女」が完成します。

ちなみにこの演出方法に慣れてきたとしましょう。
ファーストコンタクトのときに「100%女性」でいかないのもアリです。

女性を基本にしながら、ときに鋭い突っ込みをしたり冷静な表情を見せる
「85%少女:15%大人の女性」を心がけると、まだ底がありそうな雰囲気が演出できます。
その逆も有効です。

しっかりしたところや、強いところをアピールする
そして、かわいらしさや優しさを忘れないようにすることが大切です
IMARIC20160805472116_TP_V

自分自身を変えることなく、順番と配合を工夫するだけでグッと好印象になります。
そうすれば、何度も声をかけてもらえて、色々な自分を見てもらえる....。
「肝っ玉女性」を目指すことは、恋愛市場で十分な機会を確保する為の知恵でもあるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム