男心をくすぐる甘え方♪


男性のプライドをくすぐりましょう♪

あなたは甘え上手ですか?
例えば「おごられたときのリアクション」は上手ですか?

「おごってもらっていいのか」「おごられたときにどう振る舞えばいいのか」。
些細なことでも悩むことも多いと思います。
改めて考えてみましょう。

かたくなに拒んでしまうのはNGです。
「いいです、いいです、本当にいいですから」と言われると、逆に男性が困ってしまいます。

遠ざけられているような、見くびられてるいるような...。
「ちょっと寂しい気持ち」がするという意見が大半だそうです。

女性としては、思いやりや謙虚さ、礼儀正しさを見せてつもりでしょう。
しかし、男性のプライドを傷つけてしまいます。
「金はなくとも、後輩や女性におごってあげる」のが男性の美学のひとつです。

かといって、あまりに当たり前におごられるのも考えものです。
雑誌などのアンケートの結果を参考にした場合。
おごられるのが当たり前だと思っている女性」は、嫌われる上位に必ず位置しています。

ではどうすればいいでしょうか。
まずいったんは「あ、私も出します。おいくらですか?」と断りましょう。
そうしたら、大半の男性は「いいよ」「ごちそうするよ」と言ってくれるでしょう。

そこでもう一回我慢して「え、でも悪くないですか?」。
すると、男性の2回目の「いや、ほんとうにいいよ」。
そこで、いよいよこのフレーズです。

ほんとにいいんですか?」「甘えちゃっていいんですか?
あなたは頼れる存在なのよ、とプライドをくすぐるのです。
遠慮がちな言い方にすることで謙虚な印象も与えられ、しかも自分の要求を通せます。

この言葉はとても便利なフレーズなのです。
その後に明るく、感謝の気持ちを込めて「じゃあ、ごちそうになります。ありがとうございます」。
これで、好感度はUPするはずです。

これらのフレーズは、男性に何かしてもらうときの会話に必ず入れましょう。
比較的若い女性ならば、「ちょっと甘えちゃってい-い?」。
こんな言い方で可愛らしさが伝わるでしょう。

甘えちゃっていい?」の応用で、「わがまま言ってもいい?」というのもあります。
例えば、「わがまま言っていい?今日は一緒にいたいの」。
この言葉で揺れない男性はいないはずです。

SHI86_tableset1342-thumb-815xauto-16435

こういうフレーズは、日頃「強い女性」というイメージがあるような女性が発したなら...。
かえって、そのギャップで効果は絶大になるでしょう。
甘え下手な女性が多くなった今だけに、ちょっと使ってみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム